経済

日本、米国に鉄鋼・アルミニウム追加関税撤廃要求

萩宇田小一日本新任経済産業賞が2021年10月5日、日本東京でコロナウイルス感染症(COVID-19)発症で保護マスクを着用して記者会見をしている。 REUTERS/キム・ギョンフン

東京、11月4日(ロイター) – 萩宇田光一日本通商が米国貿易代表部(USTR)代表と会って日本産鉄鋼及びアルミニウムに対する追加関税を撤廃することを米国に要請したと外交部が4日明らかにした。

米国貿易代表部(USTR)キャサリン・タイ(Katherine Tai)とのオンライン会議で萩宇首相は日本経済産業省(METI)と米国貿易拡張法(US Trade Expansion Act)232条による日本鉄鋼及びアルミニウム製品に対する関税問題の解決を求めた。 )は声明で言った。

彼の要請は、米国と欧州連合(EU)が日曜日の鉄鋼とアルミニウムの関税に対する紛争を終え、業界の「汚い」生産と過剰生産を防ぐためのグローバル協定に努めると述べた。 もっと読む

この取引により、ワシントンは2018年にドナルド・トランプ前に米国大統領政権が課した関税以前に出荷された量と同様の量の鉄鋼およびアルミニウム輸出品に対するEU諸国への免税アクセスを許可する予定だ。

METIの広之博多米州局長はロイターに「日本は2018年から米国に日本の鉄鋼およびアルミニウム製品に対する追加関税問題を撤廃したり、他の措置を通じて解決してもらうよう要請してきた」と話した。

彼は、「我々はWTO規制に準拠する方法で解決策を探すだろう」と述べた。

橋本英治日本鉄鋼連盟会長は「日本の鉄鋼業界は、米EU協定が特定の国と地域に対する総合的な緩和措置を招くことを懸念している」と話した。

彼は「日本鉄鋼産業は対米輸出競争力の面でEUに遅れるだろう」と公平な競争の場を促した。

Yuka ObayashiとAaron Sheldrickの報告Jacqueline WongとDavid Goodmanによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ハイブリッド作業革命はすでに経済を変化させています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close