スポーツ

日本、米国北京オリンピック「外交ボイコット」発表後の状況評価



岸田文夫首相が2021年12月7日、首相官邸で北京オリンピックに対する米国の「外交的ボイコット」について記者たちに演説する姿が見られます。 (Mainichi/Kan Takeuchi)

日本政府が中国との緊張の中で米国の北京オリンピック「外交的ボイコット」に対応して状況を礼儀注視し、適切な措置を取るという方針だ。

2022年は中日国交正常化50年となる年で、両国関係が安定する良い年です。 日本は国内世論動向と各国の動きを調べる中、政府代表団派遣余力があるかを検討する予定だ。

林吉正外務相は7日、記者たちに「日本は北京冬季オリンピックが平和の祭りで開催されることを期待する」と話した。 これに対して政府の対応は「未定」と言いながらも、彼は次のような見解を強調した。 オリンピックは政治に関与してはならない。

日本が覇権的行動を強化している中国を牽制している中、米国など他の国々との共助に支えられ、北京オリンピックの場合は複雑だ。 中国はコロナ19ファンデミックでキャンセル危機に瀕した東京オリンピックと障害者オリンピックを支持し、習近平国家主席が協力する意志を示した。

同時に、中国は高位級の人事派遣を避け、オリンピック開幕式に歴代オリンピック出場経験のない下級管理人のクォンジュンウォン中国体育総局長を派遣した。 日本と中国の政治的対話への関心を呼び起こし、否定的な影響を及ぼす可能性があるという懸念で上級代表を派遣しなかった。

日本は、中文と同級の室富士吉日本体育振興院(Japan Sports Agency)コミッショナーを北京オリンピックに派遣する案を検討している。 政府関係者は「長官でなければ摩擦を避けることができるだろう」と話した。

中国の人権問題に対する批判が高まっている欧州諸国が米国に足を合わせて誰を送るかを決めるのも難しいだろう。 しかし、2014年ソチ冬季オリンピックで日本の先進化を狙った当時、安倍晋三首相はロシア関係は開会式に出席し、西方指導者たちはロシアの同性愛者人権規制やその他の運動に反対するために不参加だった。

国内の半中国情緒を評価するのも挑戦だ。 執権自民党の保守団体が12月7日、岸田文夫首相に米国の外交的ボイコットに参加するよう要請した。 岸田議員は「国益に役立つ決定を下したい」と答えた。

(日本語原文:宮島宏、中村津武、政治ニュース部)

READ  レッド話題の投手ブランドン・ディクソン、2021年の東京オリンピックのために日本に帰国

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close