トップニュース

日本、米国産対艦ミサイルの調達計画を撤回

日本は、航空自衛隊のF-15戦闘機のためのデッド能力を備えた米国産長距離対艦ミサイルの調達計画を廃棄することを検討している政府の管理が土曜日た。

公式決定がまだ下されていないことが指名を拒否した管理者によると、ポリシーの変更計画は、コストの増加だとします。

ファイルの写真は、2015年4月沖縄県那覇の日本航空自衛隊基地から離陸したF-15戦闘機です。 (教徒)

LRASMに知られているロッキードマーチンミサイルの引数は、ASDFが敵の脅威の範囲外で攻撃することができる能力を提供することを目的とします。

日本の領土を中心に、中国の主張が大きく、国防部は、射程距離が900kmと呼ばれるミサイルが台湾に向かって南西に伸びているナンセイ島周辺での日本の防御能力を強化するために必要であると言いました。

関係者によると、ポリシーの変更の可能性と一緒に、政府は、アップグレードする計画であるASDFのF-15航空機艦隊の数を70台から減らすことを考慮するとします。

ASDFは約200機のF-15を保有しており、LRASMは戦闘機に搭載する計画である米国産巡航ミサイルの一つです。

他の一つは、JASSMと呼ばれるロッキード・マーチンの空対地スタンドオフミサイルです。

引数を与えることによって、政府は数百億円を節約すると推定した。 2021会計年度の予算では、政府は、戦闘機のアップグレードのために支出を含んでいなかったコスト削減のために、米国側との交渉の優先順位を決める必要があると信じていました。

戦闘機がLRASMを搭載できるようにアップグレードするために、米国側から提示された初期費用は約800億円で、ほぼ2,400億円(22億ドル)に増加したが、これは部分的に必要な電気部品の供給が不足しているからです。

READ  日本の政権与党との世代葛藤衝突

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close