経済

日本、緊急事態の終了後、徐々に経済再開

日本政府が、コロナ19緊急事態を全国的に解除した後、最初の週末から日本企業が慎重にドアを開けている。

金曜日に強い台風が東京と近隣地域を襲った翌日晴れた土曜日の朝、テーマパークやショッピングに行く奔走しました。

東京ディズニーランドとディズニーシーの外の楽しみを探している人が列を浮上、両方の場所の金曜日に訪問者の制限を、一日5,000人から10,000人に上げた。 公園はレストランで再びアルコール飲料を販売し始めると言いました。 しかし、テーマパークを運営するオリエンタルランドは報道資料を通じて「しばらく午前10時から午後7時まで短時間で運営する」と述べた。

会社のウェブサイトによると、二つの公園のチケットは11月初めまで売り切れました。

大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにも1日入場制限を5000人から10000人に徐々に増やすことにした。 一部のレストランでは、酒類の販売も開始する予定だ。

10月2日、東京近く浦安の東京ディズニーシーで、人々が集まっている。 東京ディズニーランドとディズニーシーは、金曜日の日の訪問者の制限を5000人から10000人に上げた。 ©教徒

規制が緩和され、旅行者も出た。 先週の土曜日東京駅からスーツケースを担い、人々が列車に搭乗する姿が目撃された。 友達と一緒に先送りしてきた富山県の旅行を発っ29歳会社員は「久しぶりに旅行を行って見たら、日常が少しずつ戻ってきたようだ」と話した。 国家非常事態の間に、政府は、人々に都道府県間旅行を自制するよう要請しました。

レストランと izakaya 緊急事態の期間中主流を提供することができないドアを閉じたバーがバックドアを開くために準備をしている。 オンライン予約サービステーブルチェック(TableCheck)によると、9月30日、全国5300余りの飲食店の予約件数は6万8000件で、9月27日より30%増加した。

土曜日は国家非常事態が全国どこにも発効されていない4月以降最初の週末です。 東京は、7月12日に緊急事態を宣言した。

菅義偉首相は、新規感染者が減少し、より多くの人々が、コロナ19予防接種を受ける金曜日制限を解除することを決定しました。 東京は金曜日に200人の新しい事例を見ており、これは、8月に5,500人以上の頂点を撮影されています。

日本が感染の反発を起こさず、経済を再開できるかどうかに焦点が合わされています。 政府は、約1ヶ月の間にレストランやその他のレストランで午後8時までに終了するように続けて要求だが、十分な感染予防措置を取ったレストランは、午後9時まで営業することができます。 東京では、コロナ19対策認証を受けた店で夜8時まで主流の販売許可されます。

政府が10月1日コロナウイルス緊急事態を解除した後、最初の夜、人々が東京の歌舞伎町歓楽街を歩いている。 ©AP

アナリストは、労働者がオフィスに戻るに基づいて、消費者の需要が回復するかどうかを評価しています。 西村安豊島(Nishimura Yasutoshi)経済財政政策と経済の活性化担当相は、企業にリモート勤務を続けることを促した。

“大 [wave of] 彼は今週初め財界関係者とのビデオ会議を持っている “冬の感染の可能性がありますので、対応しなければならない」と述べた。

READ  Nintendo、スイッチ、およびゲームの販売からの記録的な1年の目標

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close