経済

日本、自動車メーカーが早ければ10月、産業の未来を議論するだろうと教徒が報じた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、9月11日(ロイター) – 西村康友 日本産業賞が早ければ来月初め、政府と自動車業界の代表たちが会って自動車産業の未来について議論することを希望すると教授通信が日曜日明らかにした。

京都によると、西村は土曜日にトヨタモーターコープ(7203.T)の研究施設を訪れたカリフォルニアの記者たちに、「自動車産業は重大な変化の時期に参入しています」と述べた。

経済産業省長官が米国主導のインド太平洋経済基本計画(Indo Pacific Economic Framework)貿易交渉に出席する米国を訪問した。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

西村社長は「自律走行の早期導入と普及促進方案について議論したい」と話した。

刑務所によると、日本首相岸田文夫は、関連大臣および自動車メーカーの指導者との会議で、脱炭素社会における自動車産業の役割も議題に含まれると彼は述べた。

木田は6月、トヨタ工場訪問で会議のアイデアを公開しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

大林優香の報告。 ウィリアム・マラード編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  サプライチェーンの混乱の中で日本経済契約を締結

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close