技術

日本、自律走行技術の商用化の推進

日本経済大臣は、政府は自律走行やその他の先端技術の早期商用化を達成するために自動車産業との議論を促進すると述べた。

西村安東市経済産業賞が土曜日、カリフォルニアシリコンバレーにあるトヨタ自動車の研究開発施設を訪問しました。 彼は以前、ロサンゼルスで開催されたインド太平洋経済の繁栄のための経済フレームワーク(IPEF)大臣会議に出席しました。

Nishimuraは、生産と物流のためのトヨタの最新のロボット技術開発について説明しました。 彼はまた公共道路でテストされている自律走行車に乗った。

西村は記者たちに自律走行が現実になっていると感じたと言いました。

彼は日本が世界自動車産業の先頭走者として自律走行など先端技術の早期商用化と拡散支援案を議論しなければならないと話した。

西村首相は、政府が早ければ来月岸田文夫首相をはじめとする関係長官たちと日本自動車業界最高経営陣に会って意見を交換する計画だと明らかにした。

岸田首相は6月、この問題について政府と自動車業界との対話を続ける意思を明らかにしました。

READ  ソースベースのトーンマッピングを含む次世代HDMIディスプレイの新しい標準を提供するHDMI 2.1a

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close