技術

日本、若者に酒をもっと飲ませるための大会創設

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

日本の管理、人口統計の変化、罪の急激な減少について懸念 税収は財政問題に対する異例の解決策を出しました。 まさに若者たちにお酒をもっと飲むよう促すのです。

「酒ビバ!」 – ㅏ 大会 国税庁が運営する – 20歳から39歳の人々に日本の飲酒文化を復活させるのに役立つ「事業計画」を設けるように促します。 東アジア諸国における企業生活の不可欠な部分。

コロナウイルス感染症は、住民が通常よりもはるかに少なく食べて飲む日本のアルコール消費の数十年間の減少を悪化させました。 日本は完全な封じ込めには入っていませんが、東京ではレストランやバーに早めに閉鎖するよう要請するなどの措置とともに緊急事態を宣言しました。 ファンデミック期間中、ある段階ではレストランでのアルコール飲料の販売は禁止されていましたが、他の時は一日の特定の時間に制限されました。 人々は家でより多くのアルコールを飲んだが、全体的なアルコール消費量は正常より低かった。

政府データによると、2020年度の主流税収は約84億ドルで、前年度より8億1300万ドル以上急減した。 これは30年で最大の減少であり、広範な財政問題に直面した政府に警戒心を呼び起こしました。

日本国税庁によると、2020年までに日本のアルコール消費量は1990年代半ば1人当たり年間平均26½ガロンで約3分の1減少しました。 一方、類似の課税対象ではないノンアルコール飲料の販売は、近年、産業別に増加している。 人物

沖縄で失われた女性のためのタトゥーアートを復活させるための努力、女性による

経済的に発達した世界中の多くの地域と同様に、若い日本人は年上の世代よりも酒を飲んでいません。 2019年保健省 調査 20代は29.4%が酒を全く飲まないことが分かり、26.5%はほとんど飲まないと答えた。

「主流産業の活性化」のための官僚の異例の推進は、ソーシャルメディアの反発に直面しました。 日本の主要な主流メーカーは、公的に支援を表明していない。

「若い人たちがお酒を飲まないのは良いことです。 なぜ彼らを中毒にするのですか?」 他の人は、「税金を徴収できる限り、人々の健康は重要ではないと思います」と書いています。

このコンテストでは、参加者に人工知能を使用し、仮想現実と拡張現実などのデジタル技術の側面を組み合わせた仮想宇宙のメタバースを活用するなど、酒の販売を促進する新しい方法を提案するよう依頼します。 参加申請は9月9日に終了し、決勝進出者は11月に東京で開催されるトーナメントに招待されます。

また、若者の需要を刺激し、大流行によるライフスタイルの変化を考慮した製品を作るために、「新たなサービスとプロモーション方法」を求めています。

保健省はコメントのためにすぐに連絡することができませんでした。

東京で報告された犬沼。

READ  Francis、オリンピック予選でドミニカ共和国代表

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close