トップニュース

日本、観光活性化のため10月に一部ビザ要件を免除 – 日経

2022年6月18日、西日本京都の観光客に人気の清水寺を散策する訪問者。 写真2022年6月18日。 REUTERS/Satoshi Sugiyama/ファイル写真

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

9月15日(ロイター) – 日本が10月に特定の観光客に対するビザ要件を免除し、日々入国制限を解除すると予想されると日経が木曜日報道した。

これに伴い、日本は米国など一部の国から来る短期旅行者に対してビザを要求せず、毎日入国限度を5万人に廃止するとメディアが伝えた。 (https://bit.ly/3eR8c5E)

報道によると、岸田文雄日本首相は近いうちに改正案を発表する予定だ。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

米国の米国連邦準備制度(FED)により、円がドル対24年の最低値に近い状況で、日本政府は旅行要件を緩和することで観光客の購買力増加を活用することで利益を得ることができると報告した。

日本は先週一日入国者限度を2万人から5万人に高め、出国前のコロナ19検査要件をなくし、主要経済国で最も制限的な国境措置を緩和した。 もっと読む

ファンデミック以前は、日本は68カ国と地域に観光ビザを必要としませんでした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

バンガロールのSameer Manekarの報告。 シンジニガングリー編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本国境閉鎖でグランプリ決勝戦をキャンセル

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close