日本、記録的に最も暑い秋に爆炎が発生した。 2023年は日本史上最も暑い年になると思われる

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
11月初め、東京の暖かい天気の中で人々が歩いている。

日本気象庁は金曜日9~11月の期間が1991~2020年全国平均より1.39℃も上昇するなど、今年最も暑い秋を経験したと日本気象庁が明らかにしました。

‘気温以上’として知られる今回の数値は昨年同じ期間より大きく増えた0.9℃で1898年気温記録を始めて以来最高値だ。

今年の春と夏の季節の平均気温は、それぞれ1.59℃、1.76℃で平均より高かった。 秋は初めて史上最高値を記録し、3年連続記録を立てました。

今年1~11月の気温偏差は1.34度だ。 気象庁によると、今年は2020年の記録である0.65度を超えることが確実だ。

高温は日本周辺海域の海面温度が記録的に高いことによるものです。

気象庁によると、秋の平均気温は153地域のうち87地域で歴代最高気温を記録した。 札幌の気温は平均より13.8C~1.8C高かった。 東京中心部は平年より20~2.1度高く、大阪は平年より20.5~1も高かった。

READ  日本、次世代戦闘機用新型ミサイル設計予定
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours