スポーツ

日本、試合開始前までに緊急事態降格考慮

2021年1月22日、日本の東京にある東京ドチョンサで開かれた東京オリンピックロゴ。 REUTERS / Issei Kato / File Photo

日本政府は、6月20日に予定され、東京と他のいくつかの県の緊急事態の終了を検討しているが、7月にオリンピックが始まるまで下方された「準備賞」状態を維持する毎日日間が報じた。

当局は、変異の拡散と医療資源の持続的な負担についてはまだ心配しているが、オリンピック都市東京の新たなコロナウイルス感染は、先月、緊急制限期間中に減少しました。

毎日新聞は、金曜日に、政府が食堂に短い時間を維持するように依頼してくれた応急措置に応じて、他の制限を加えることを報告した。 バーやレストランは、今午後8時までを閉じて、お酒を提供することが禁止されます。

最終的な決定は、次の週末、現在の緊急状況が終わり、数日前と予想され、マラソンイベントが開催される北海道北部の島も含まれます。

世論調査によると、日本国民の大多数は、海外の選手たちと管理者の洪水を心配しながら、今年のオリンピック開催に反対することがわかった。 日本は昨年大流行が発生して以来、外国人観光客に実質的に閉鎖された。

日本政府とオリンピック主催者側は、国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーが言ったように「ハルマゲドン」を除いて、オリンピックが続くだろうと言いました。 オリンピックは7月23日に開始される予定です。

政府顧問であるヒロシ西浦が率いる専門家チームは、今週日本が6月20日現在の措置が解除されると、8月に別の緊急事態を宣言することができると言いました。 新しい亜種の。

日本は760,000件以上のCOVID-19の事例と13,800人以上の死亡を記録したのに対し、人口の12%だけが、少なくとも一度の予防接種を受けました。

菅義偉首相は今週議会で日本は10月から11月までの予防接種をしたいすべての人に予防接種を完了する計画だと明らかにした。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  メイセイ敗北に大映昭和アキ歳山が6日ぶりに無敗

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close