日本、認知症と戦うために高齢者のためのeスポーツトーナメントを開催

1 min read

地元の 熊本県政府は認知症を予防し、高齢者に目的意識を提供するための手段としてeスポーツを奨励しています。

65歳以上の人口が3千万人以上の日本は、この人口集団の参加がどれほど重要かを認識しています。

によると NHK下ましき郡美里町では、60歳以上のためのスポーツ文化祭「ネンリンピックス(Nenrinpics)」にeスポーツを正式種目として含めるなど、積極的に対処しました。

これは、高齢者が身体的、精神的活動に参加できる新しい道を提供し、潜在的に認知の低下を退治するのに役立つことを目指し、今年10月に予定されています。

音楽に合わせてドラムのターゲットを打つ太鼓のタツジジンというリズムゲームがNenrinpicsに選ばれました。 その理由は、プレイヤーがドラムパターンを暗記し、身体的な動きを奨励し、心と精神の両方を維持する必要があるという2つの利点です。 体は老年期に積極的に参加します。

参加者の一人である宮崎達子(76)は、音楽に合わせてドラムターゲットを打つリズムゲームに参加すると述べた。

「私の年齢には全国体戦のようなイベントで伝統スポーツができないので、ねんりんフィックスに参加してみるのがいいと思いました。 eスポーツが私が参加できる方法ではないかと思って練習を始めた」と話した。

リズムゲームの経験がほとんどないにもかかわらず、タズコは着実に訓練を行ってきました。

彼女は音楽をよりよく理解するためにポピュラーソングの歌詞を必死にしました。

彼女の夫である宮崎誠一は、予選大会でタズコが特に歌の終わりに繰り返されるヒットを通じて、彼女の挑戦を克服することに集中できるように、彼女の努力を支援してきました。

予選では、彼女はNenrinpicsのメインイベントのために熊本市以外の地域を代表する3桁のうちの1つを獲得しました。

たとえ「フルコンボ」(すべての目標物を完璧に合わせること)を達成することはできなかったが、大会のために練習を続けるという意志を示した。

彼女は「健康を維持し、10月の大会のために練習を続けたい」と話した。

READ  Dina Asher-Smith、FBK Gamesで女子100mで優勝し、東京オリンピックの場所予約| オリンピックニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours