トップニュース

日本、賃金引き上げ企業への大規模税減免計画 – 改革草案

2021年9月9日、東京のあるショッピング街でコロナウイルス病(COVID-19)が発生する中で保護マスクを着用した人々が道を進んでいます。 REUTERS/Kim Kyung-Hoon TPX IMAGES OF THE DAY

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

  • 移動は富の分配に関する首相の焦点を強調する。
  • 賃金を4%引き上げる大企業に対して30%控除 – ドラフト
  • 租税政策の基礎となる与党計画

東京、12月8日(ロイター) – 日本が内需引き上げを推進するにつれて賃金を引き上げない大企業に対する一部の税制給付を拒否し、引き上げる大企業への控除を拡大すると、与党の年間税制改革計画の最終草案が現れた。 水曜日に。

OECDデータによると、日本の賃金は過去30年間でほぼそのまま維持され、「失われた10年」と膨大なデフレを引き起こし、執権自民党と連合のコメイトは金曜日、この計画を承認すると予想されます。

ニンジン鞭アプローチは、収益が感染症以前のレベルに戻った企業に対して3%以上の給与引き上げを促すなどの措置を通じて、岸田首相が家計に富を分配することに重点を置いていることを強調しています。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

丸山義正アナリストは「今回の措置は、政府が民間部門賃金に介入し、長期的に広範な賃金引き上げと持続可能なインフレの肯定的なサイクルを促すしかないことを示している」と述べた。

しかし、こうした措置が企業が最近給与を引き上げたため、すぐに賃金を引き上げるかどうかは疑問だとSMBC日光証券の丸山首席市場エコノミストは付け加えた。

岸田の自民党(自民党)議員たちも、次の会計年度のもう一つの主要改革で住宅ローン税の減免を調整することに同意したとした上級議員がロイターに語った。

2019年10月の売上高引き上げの苦痛を和らげるために採用されたこれらの税制給付は、最大10年間で毎年末の未払い住宅ローンの1%を差し引くことができます。

自民党の議員は、火曜日の控除額が住宅購入者がローンに対して支払う金利を上回るため、その控除を1%から0.7%に減らすことに同意した。しました。

圧力を受けている

2012年末に執権した後、自民党が率いる政府は慎重な日本企業が記録的な現金杭を賃金引き上げに使うよう圧力をかけました。 しかし、多くの人々が経済的不確実性に直面して抵抗した。

ロイターが入手した来年会計年度税制改編計画によると、大企業は昨年より賃金を4%引き上げれば課税所得の最大30%を控除されることになる。

賃金を2.5%引き上げる中小企業は現在、最大25%から最大40%まで税控除を受けることができる。

しかし、賃金を引き上げていない企業は、研究開発、投資促進、5G、デジタル変換、炭素中立などの分野への支出に対して税控除を請求することはできないと草案は明らかにした。

4%の賃金引き上げとは、近年の労組との年間賃金交渉で約2%の提案と比較して、日本企業にかなりの印象を意味します。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Reporting by Tetsushi Kajimoto and Kaori Kaneko; Writing by Leika Kihara and Tetsushi Kajimoto; Editing by Sam Holmes and Clarence Fernandez

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、2024年と2026年までアンモニア燃料船プロジェクトに資金を供給

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close