トップニュース

日本、車椅子ラグビー準決勝でイングランドに敗れ

東京パラリンピックで車いすラグビー金メダルを狙う日本の入札は土曜日、英国に55-49の準決勝敗北に終わりました。

世界チャンピオンの日本はグループリーグでフランス、デンマーク、オーストラリアを破っ無敗で準決勝に進出したが、東京の代々木国立体育館で開かれた自由得点イギリスを抑制することができませんでした。

日本のイケザキ大輔(左)が2021年8月28日、東京代々木国立競技場で開かれた2021東京パラリンピック車いすラグビーフルフレーズマッチ英国との第3戦でボールをパスしている。 (教徒)

ハーフタイムに25-23でリードした後、現在のヨーロッパのチャンピオンは第3クォーターに離脱して42-33の利点を最終変化にインポートました。

ジム・ロバーツ(Jim Roberts)は、20個の試みとして、英国を導き大輔池田ジョッキー(Daisuke Ikezaki)は13個の試みとして、日本の1位を占めています。

英国は日曜日、米国とオーストラリアの2次準決勝の勝者と金メダルを置いて、日本は銅メダルを置いて勝負を競う。

日本と英国の選手が2021年8月28日、東京代々木国立競技場で行われた東京パラリンピック車椅子ラグビー準決勝でボールを置いて競争している。 (教徒)

READ  月に最初の通信ネットワーク構築にノキアがNASAと契約| ロイター

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close