経済

日本、輸出に経済回復の拡大、資本支出がCOVID痛みを和らげる| ロイター| 事業

By Leika Kihara and Tetsushi Kajimoto

TOKYO(Reuters) – 日本の経済は第4四半期に予想よりも成長しており、海外需要の反発に輸出と資本支出が増加し、最悪の前後不況からの回復が拡大しました。

しかし、回復は、第3四半期の急激な速度で減速されて政策立案者が脆弱な回復を妨げずにコロナウイルスの拡散を防ぐために直面​​している課題を強調します。

世界で3番目に大きい経済は、10月から12月までの年平均12.7%の成長しており、月曜日政府データによると、2四半期連続で上昇を見せ9.5%上昇の中央市場予測を上回った。

これは去る5月に緊急事態が解除された後、抑圧された需要の経済が上昇した前四半期の修正された22.7%急騰による鈍化しました。

野村證券の選任エコノミストであるマサキ桑原(Masaki Kuwahara)は、「第4四半期の回復は予想よりも強くなった」と話した。

「2020年の経済が萎縮したのは事実です。しかし、それは、国内および外部の需要に支えられ、夏以降、着実に回復しています。 “

経済の半分以上を占める民間消費は2.2%増加し、前期の5.1%増から鈍化したものの、市場の見通しを上回る1.8%の増加を記録しました。

製造活動のグローバル反発はまた、輸出と資本支出に切実に必要な増加をもたらしたデータは明らかにした。

外部需要や輸出から輸入を差し引いた数値は、4四半期のGDP成長に1.0%ポイントを追加しました。 データによると、資本支出は4.5%増加し、第3四半期ぶりに増加した。

コロナウイルスに包まれた年の間、日本経済は4.8%萎縮して、2009年以来、最初の年間下落を記録した。

日本経済は、輸出が反発し、昨年の初期緊急抑制状態で徐々に浮上しました。

しかし、1月から新たな規制を施行することにした政府の決定は、別の不況の可能性を高め、脆弱な回復の見通しを曇らせています。

Shinkin Central Bank ResearchのシニアエコノミストであるTakumi Tsunodaは日本がワクチン配布で西欧経済の息切れに応じて大流行低迷から完全な回復が難しいと予想されます。

彼は「日本が第1四半期にマイナス成長を回避することができない状況だ」と述べた。

「今年コロナウイルス感染が広がって抑制されるサイクルが繰り返される可能性が高く、これは消費が予想速度で回復されないことを意味します。 “

(寄稿:Leika KiharaとTetsushi Kajimoto;追加のレポート:Kaori KanekoとDaniel Leussink;編集:Chris GallagherとSam Holmes)

READ  育児休暇取得も進行する「男の出産休暇」とアリ?厚生労働省に「交錯」という女性が多い理由(1):J-CAST会社ウォッチ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close