日本、輸出回復にもかかわらず、3回連続貿易赤字記録

Estimated read time 1 min read

東京 – 日本は、エネルギーおよびその他の輸入費用が上昇し、円が弱い状態を維持しながら、3回連続会計年度の間に貿易赤字を記録しました。

水曜日に発表された財務省資料によると、3月に終わった会計年度の赤字は5兆8900億円(380億ドル)に達しました。

最大の貿易赤字は、中東地域、主にサウジアラビア、アラブ首長国連邦、オーストラリア、インドネシアで発生しました。 日本は米国と一部のヨーロッパ諸国と貿易黒字を記録した。

中国への年間輸出は小幅減少し、4年ぶりに初めて減少したが、最新の月別データによると、中国への輸出は前年比12%増加して回復傾向を見せている。

ING Economicsのアジア太平洋地域の研究責任者であるロバート・カーネル氏は、強力な技術関連輸出が中国への輸出急増の背後にあり、他の地域への輸出も増加していると指摘した。

彼は報告書で「私達は輸出が今後数ヶ月間成長の主要なエンジンになると思う」と言った。

近年、日本の円安の下落は、円の輸入コストが増加し、円換算時の輸出価値が高まり、貿易収支に影響を与えました。 米ドルは1年前130円台から最近150円以上で取引されています。

水曜日に発表された3月の資料によると、日本の貿易黒字は3,665億円(24億ドル)で、前年比輸出が7%増加したのに対し、輸入はほぼ5%減少しました。 3月、米国への輸出は8%以上増加した。

2023年度の貿易赤字は、ウクライナ戦争で経済が打撃を受け、エネルギー価格が上昇した2022年度に発生した赤字よりもはるかに少なかった。 2021会計年度記録とほぼ同じ水準だ。 日本は2020年度の貿易黒字を記録した。

コロナウイルスの大流行に関連する社会的制限により、コンピュータチップを含む部品の確保が困難になり、日本の生産と輸出が打撃を受けました。 しかし、そのような問題は徐々に緩和された。

品目別には日本が食品を輸入し、自動車、自動車部品、電気機械などを輸出した。 インバウンド観光は活況を呈しており、これは統計的に輸出と見なされます。

___

影山ゆりがXに出演しました。 https://twitter.com/yurikageyama

著作権2024 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  日本海岸線、地震後820フィート移動
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours