トップニュース

日本、通信、電力網で外国の技術の使用制限

東京 – 日本は外国産の機器を調達する際に国家安全保障問題を解決するために重要なインフラストラクチャのオペレータを必要とするだろうとNikkeiは最近、米国のColonial Pipelineハッキングがサイバー脆弱性の危険性を強調したことにより、分かりました。

インフラ事業者が施設を運営して監視するために、ますますデジタル技術に依存してすることにより、サイバー攻撃の可能性は、長年かけて増加した。 日本は特に中国産通信機器からのデータ流出の懸念が大きくなる中で破損した機器との接続に起因するリスクを軽減することを希望します。

政府は、2022年末までに金融、鉄道、政府サービスと医療サービスを含む14個の主要なインフラストラクチャ部門の調達に関する法律を更新する予定です。

この要件には、海外のデータセンターへの接続はもちろん、顧客情報に関連するタスクのための海外請負業者の使用も含まれます。

政府は、企業のコンプライアンスを監視することが予想され、主要な問題が発生した場合、ライセンスを一時停止したり、キャンセルします。 詳細標準は、今後、政府条例やガイドラインに明示されています。

今月、米国最大規模のコロニアルパイプラインのランサムウェア攻撃により、政府が燃料輸送に関する規則を緩和するように強要した​​後に推進された。 ハッカーグループDarkSideが攻撃を主張しました。

より強力なセキュリティ対策を要求することにより、日本は外国産の機器との接続を介して、サイバー攻撃やデータの盗難を防止し、サイバー脅威から運営を保護することができる企業だけが、日常生活に重要なインフラストラクチャに参加することを希望します。

電力網と通信ネットワークのような主要なインフラに対するサイバー攻撃は、公共の生活に重大な混乱を招くことができます。 また、ハッカーが、航空管制システムとダムを標的に飛行機事故、洪水のような災害を起こしたり、原子力施設をリモートで閉鎖しようとすることができないという懸念もあります。 政府は、民間部門と協力して、これらのリスクを軽減することを望んでいる。 特に自主的に民間運営のインフラを保護することができないからです。

READ  外国人の新規入国停止ナリタウン閑散関西空港でも対応追われる - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close