日本、通貨政策正常化軌道に上がる

Estimated read time 1 min read

東京:日本は、中央銀行が通貨政策を正常化できる条件が設けられていると与党の大物である加藤勝信がロイター通信に語り、追加金利引き上げに対する政治的支持が大きくなっていることを強調しました。

しかし、加藤氏は、日本銀行(BOJ)が経済状況を綿密に観察し、金利の引き上げ時期を決定する上で政府と慎重に調整する必要があると述べた。

「日本は物価と賃金がほとんど動かない時代から物価と賃金が上がる時代に転換しています」と前官房長官であり一部のアナリストらが次期首相候補として見ている与党ベテランの加藤が言いました。

彼は金曜日のロイターとのインタビューで「従って通貨政策が金利が市場機能を反映する量の領域に動く元のスタイルに戻るのは自然なことだ」と話した。

「実際に金利を引き上げるかどうかを決める鍵は、日本経済、特に消費が必ずしも強いわけではない」

円が弱すぎるかどうかを尋ねたところ、加藤首相は、円高よりも円安がインフレに与える影響を懸念していると述べた。

彼は「過去2年間、大衆はインフレの上昇に苦しんだ」と付け加えた。

加藤氏の発言は、円安の生活費の上昇に集権党がますます焦点を当てていることを強調し、BOJが金利をさらに引き上げるのに役立つ可能性がある。

BOJは賃金の引き上げに支えられ、インフレが継続的に2%の目標を達成するという見通しが高まり、3月8年間のマイナス金利を終了しました。

その後、中央銀行は追加金利引き上げの可能性を示唆し、年末までに借入費用がさらに増加するという市場期待をさらに固めました。

予想よりも早い金利引き上げは、円の価値の下落を鈍化させる可能性があります。

円安は、原材料の輸入費用を膨らませ、消費を悪化させ、脆弱な経済回復を支える政策立案者に悩みを与えました。

最近、円安は日本と他国の大きな金利差だけでなく、日本経済の構造変化を反映していると彼は言った。

彼は多くの日本企業が海外に生産を移転し、円安はもはや輸出急増を促すことができないと日本が海外投資誘致を通じて経済を活性化する必要性を促した。

READ  ミャンマークーデターの地域艦
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours