技術

日本、部門別の温室効果ガス削減目標設け

NHKは、日本政府が削減目標を達成するために、個々の部門でどのように多くの温室効果ガスの排出量を削減するかの推定値を作成したことを知りました。 政府は今年4月、2030会計年度までの炭素排出量を2013年レベルから46%減らすと約束した。

削減量は、合計6億4,800万トンの二酸化炭素換算である。

消息筋によると、政府の最初の暫定計算によると、全体の削減量の80%以上が産業や家庭のエネルギー消費で発生しなければならないとします。

政府の計画によると、産業部門のエネルギー消費量は1億7,300万トン、家庭のエネルギー消費は、1億3,800万トンと推定されます。
この推定値は、水曜日に発表された国の基本的なエネルギー政策の草案に基づいています。 この計画は、再生可能エネルギー源の分け前を増やすことを要求します。

輸送およびその他の部門の措置と組み合わせて、この計画は、エネルギー消費の5億5,500万トンのCO2排出削減を予想します。 全体の86%を減らしてください。

また、代替CFCsという化学物質のリサイクルと焼却されるプラスチック廃棄物の量を減らして3,650万トンの削減を要求します。 代替CFCは、冷蔵庫の冷却剤として使用され、強力な温室効果ガスです。

総4,770万トンのCO2が飲料水を介して吸収されることが予想されます。

政府はまた、共同クレジットメカニズムを介して、日本の低炭素技術を提供することにより、発展途上国の温室効果ガス排出量削減のための分け前を主張するものと期待しています。

政府は46%削減目標を達成する容易ではないことを期待するので、具体的な排出削減政策をより研究する計画だ。

READ  ペイパル、日本のFacebookのディ27億ドルで買収

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close