日本、鉄道維持管理用ヒューマノイドロボット発売、鉄道、世界ニュース、日本、技術、最新アップデート、最新ニュース、ロボット、科学、技術

1 min read
代表的なイメージ(写真:キャンバ)

東京:1980年代の空想科学に出てくる邪悪なロボットに似ていますが、西日本鉄道の新しい人間型の従業員は、絵を描いたり庭を整えるよりも邪悪なことはないように設計されています。

今月から、レールの上を走行できるトラックに装着された粗い頭とコカコーラボトルの目を持つ機械が会社ネットワークのメンテナンス作業に使用される予定です。 労働者は、トラックのコックピットに座って、カメラを通してロボットの目を通して「見て」強力な手足と手を遠隔操作します。

垂直到達範囲が12m(40フィート)のこの機械は、腕にさまざまなアタッチメントを使用して最大40kg(88ポンド)の重量を移動したり、筆をつかんで塗料を塗ったり、チェーンソーを使用することができます。

現在、このロボットの主な作業は、レールに沿って木の枝をトリミングし、電車の上にケーブルを固定する金属フレームを塗ることに焦点を当てると同社は述べています。 この技術は、高齢化する日本の労働力不足を埋めるのに役立つだけでなく、高いところで落ちたり感電するなどの事故を減らすのに役立つと同社は言います。

「今後は、インフラのあらゆる種類のメンテナンス作業に機械を活用したいと思います。」 これは、労働力不足の問題を解決する方法のケーススタディになると、社長長谷川一明が最近の記者会見で明らかにした。

READ  Callisto Protocol Japanは予約購入済みのコピーに対してファンに返金します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours