日本、防衛産業に青信号をつける

Estimated read time 0 min read

日本はゆっくりとゆっくりと自国の防衛産業を解放しています。

岸田文夫首相は、最近、イギリス、イタリアと共同開発中の次世代戦闘機の輸出を可能にするために防衛装備の前の規制を緩和することに合意しました。 これは、日本企業が世界の放散機器市場にさらに完全に参加できるようにする他の措置に従います。

それは正しい決断です。 日本はこの分野で自国企業の競争能力を弱める制限を緩和しなければなりません。 しかし、自由化がどこまで進むべきかには限界があります。 国際防衛プロジェクトに参加することで、日本は技術革新の最先端を維持するだけでなく、信頼できる同盟国であり安全保障パートナーとして残ることができます。 しかし、日本の防衛産業は、無制限の販売が触発できる不安や不安定に寄与してはいけません。

READ  日本、ボーイングKC-46A給油機2台追加注文
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours