経済

日本、雇用保険料の引き上げ

日本政府が4月から始まる2022年度に雇用保険料を引き上げる計画であり、引き上げ幅を決定するために協議を進めていることが日曜日に分かった。

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)事態で解雇された労働者に支給する休暇費を一部カバーするために企業に支給する雇用調整補助金が急増し、雇用保険資金が不足している状況だ。

したがって、政府は雇用主と従業員の両方にさらに保険料の支払いを要求することにしました。 年末に向けて2022年度予算を編成するため、作業中の議論を加速します。

雇用保険制度は、ほとんどのユーザーと労働者が負担する保険料と政府の一般会計出演金で充当される。

今回の会計年度の保険料率は、労働者の場合は全体賃金の0.3%、ユーザーの場合は0.6%に設定されています。 システムに十分な予備資金があったため、割合は従業員の場合は0.6%、雇用主の場合は0.95%の元のレベルで減少しました。

しかし、雇用調整支援金の急騰で積立金が使い果たされ、保険料の引き上げが避けられない。

消息筋によると、景気低迷が続いて保険料負担が急増することを事業主と労働者が懸念する中、政府内で労働者は0.5%、事業主は0.85%に引き上げる案が政府に発議された。

ただし、これらのレベルで新しいプレミアムレートを設定するための合意に達できるかどうかは不明です。 しかし財務省は国庫寄付金の引き上げに反対している。

雇用部は、緊急事態時に雇用保険が一般会計で資金振替を使用できるように一時的な方案を検討している。 このアイデアは、明らかに通常の時間に国の貢献を低く保つことを目指しています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  次世代「Amazon Fire TV Stick」が登場。 Amazon Echoシリーズの新製品も

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close