日本、難民の亡命をさらに難しくしている

1 min read

金利リザベット obuezaの 1991年、彼女が政治活動家として割礼と迫害を恐れてナイジェリアを脱出した後、人生は困った。 彼女は短期観光ビザを喜んで発行してくれる数少ない国の一つである日本に来ました。 彼女の難民申請は拒絶されたが、再び申請することで彼女は近くにとどまることができました。 働く許可がない彼女は食物配布に頼っています。 2011年と2016年に当局は彼女を突然捕まえて独房7ヶ月を含めて計2年近く拘禁した。

Ms Obuezaのトラブルはあまりにも一般的です。 申請者の1%未満が亡命許可を受けました。 昨年はたった202人で悲惨な数値ですが、まだ最高の数値です。 (2021年、ドイツは39,000人の難民を受け入れました。 G7、カナダは34,000人の後に続いた。 権利がほとんどなく拘禁される危険があります。 2021年末現在、日本に滞在中の外国人1万3000人が難民地位を申請した。 彼らにとっては、状況はさらに暗くなるでしょう。 日本議会は今月すでに3回も亡命申請をした亡命申請者を追放できるように法を変える法案を通過させた。

日本の高齢化社会はますます外国人に依存しています。 移住労働者の数は過去10年間でほぼ3倍に増加し、2022年には180万人に達します。 しかし政府は、あまりにも多くの偽の難民がシステムを悪用して韓国に入国していると主張し、難民への強固なアプローチを維持しています。 人権弁護士指宿昭一は、実際に日本政府が追放を強化することで保護が必要な人々に「処刑ボタンを押すこと」と言います。 2年前の同じ法案を通過させようとする試みは、スリランカ女性ウィシマ・サンダマリが治療を拒否された後、拘禁中に死亡し、大衆の抗議の中で無産化された。 彼女は2007年以来、拘禁中に死亡した17人目です。 (一部は断食闘争中でした。)

日本の難民政策はしばらく緩和されるように見えた。 ロシアの侵攻後、日本は2,300人以上のウクライナ人を受け入れた。 しかし同時に、政府は 国連 難民条約は、紛争を避ける人々を除外するためにより制限されています。 ウクライナ人は「準難民」または臨時「避難者」として1年居住許可を受けました。 他の国籍の人々も同様のおもてなしを受けませんでした。 東京の近くに住むクルド人ユーセル・メフメット(Yucel Mehmet)は、ウクライナ人が歓迎されることを嬉しく思いますが、「彼らが10人のクルド人難民でも受け入れてほしいという風を禁じられません」。 日本に住んでいる約2,000人のクルド人のうち1人だけが難民の地位を得ました。

それだけ 国連 日本にもっと難民を受け入れるよう求めた。 このテーマは日本で大きな問題になったことはありませんでしたが、この法案は「前例のない」反発を呼び起こしたと野党議員である石川大河は言いました。 6月8日、法案が通過し、デモ隊は議会の外に集まり、議員たちは内部で戦いを繰り広げました。 活動家たちは、この法案が来年5月に発効する前に廃止されることを願っている。 Ms Obuezaは次のように述べています。 「政府に懇願します。 私たちに滞在する機会を与えてください。」

READ  温泉浴後に牛乳を飲むのが日本の伝統な理由
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours