経済

日本、韓国、オーストラリアの株式はパウエル演説以来2%下落

ある歩行者が2021年4月30日、東京の電光掲示板に表示された東京証券取引所の日本企業株価を見ている。

岩村由紀 AFP | ゲッティイメージ

ジェロームパウエル連邦準備制度(Fed・連준)議長が去る金曜日のジャクソンホールで演説した後、アジア太平洋証券市場は月曜日の下落傾向を見せた。 彼は、金利引き上げが米国経済に「若干の苦しみ」をもたらすと警告し、金利引き上げが「しばらく」続く可能性が高いと述べた。

日本の日経225指数は2.66%下落した27,878.96、トピックス指数は1.79%下落した1,944.10に締め切った。 韓国コスピは2.18%下落した2,426.89、コスダック指数は2.81%下落した779.89で締め切った。

オーストラリアでは、S&P/ASX 200が1.95%下落した6,965.50でシートを締め切りました。

中国上海総合指数は0.14%上がった3,240.73、宣伝部品は0.34%下落した12,018.16で取引を終えた。

香港ハンセン指数は取引の最終時間に0.76%、ハンサンテック指数は1.36%下落した。

MSCIの日本外アジア太平洋指数は1.9%下落し、日本円は1ドルあたり138.68で取引されています。

金曜日、米国ダウジョーンズ30産業平均指数は1,008ポイント(3.03%)下落した32,283.40に締め切った。 S&P 500指数は3.37%下落した4,057.66、ナスダック総合指数は3.94%下落した12,141.71で締め切りました。

パウエル議長は「金利の引き上げ、成長の鈍化、労働市場の状況の緩和がインフレを下げるだろうが、家計や企業にも若干の苦痛を抱かせるだろう」と話した。 「これはインフレを減らすのに不幸な費用です。しかし、物価の安定を回復できない場合は、はるかに大きな苦痛を意味します。」

彼は9月、連盟の決定は「収集されるデータの総体と進化する見通しにかかっている」と話した。

READ  大きな悲鳴 "老後2000万円で不足"本当に必要な老後資金の実際の家と貯蓄3000万月20万年金| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close