日本、韓国の有名政治家の竹島訪問に抗議

Estimated read time 1 min read

韓国野党代表が中国との三者首脳会談を控え、長年の領土紛争を起こし、領有権紛争を起こすと、日本が公式に抗議した。

日本政府の広報担当である林正正官房長官は、火曜日「日本の重ねられた自制要請にもかかわらず、韓国野党代表が竹島に上陸したことは全く受け入れられず、ごめんなさい」と話した。

祖国元法務部長官が月曜日独島として知られる小さな岩島竹島を訪れました。

韓国は日本の朝鮮半島植民支配が終わった1945年から東海岸の島々を統制してきたが、日本はこれらの島々が違法占拠されていると主張している。

林氏は先に発表した外務省声明を繰り返し、日本が月曜日「外交経路を通じて韓国に対して強力な抗議をした」と話した。

韓中日三国首脳会談は5月末に韓国で開かれる予定だが、まだ会談日は発表されていない。

チョ氏は、2019年の入試スキャンダルが彼の家族をさらす前に大統領選挙に出馬するという情報を受けました。

先月の選挙で彼が創設した韓国再建党は、両大政党の不満を利用して12席を占めた。

チョ議員は「日本の独島領有権主張は侵略と戦争、虐殺と略奪、独立運動家の拷問と投獄、強制労働、慰安婦動員など日本の恐ろしい戦争犯罪が正当だという主張」と話した。 月曜日にXアカウント。

去る1月、韓国は大地震以降に発令された津波注意報に日本が同じ紛争島を含めたことに対して「厳しい」抗議を提起しました。

READ  高齢化日本の新しい燃料供給源:大人の失禁
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours