トップニュース

日本、韓国の株式が1%下落。 中国LPRに先立ち

訪問者は、2020年11月30日月曜日、日本東京のJapan Exchange Group Inc.(JPX)が運営する東京証券取引所(TSE)の電子相場インジケータの前に立っています。

花井東 | ゲッティイメージズによるブルームバーグ

アジア太平洋地域の株価は、月曜日の積極的な連盟の金利引き上げの懸念が再点火し、下落した。

日本の日経225指数は1.19%、トピックス指数は0.91%下落した。

韓国コスピは1.15%、コスダックは1.27%下落した。

オーストラリアのS&P/ASX 200はほぼ1%下落しました。

MSCIの日本を除くアジア太平洋株式の最も広い指数は0.3%下落しました。

中国は 月曜日以降の基準貸付金利引き下げ予想ロイター世論調査によると。

ナショナル・オーストラリア銀行のロドリゴ・キャトリル通貨戦略家は、月曜日のメモで「最近の連邦講演者はインフレとの戦いでまだ勝利していないため、追加金利の引き上げが来るというメッセージを強調している」と話した。

投資家は、木曜日にアメリカで始まる連邦の年次ジャクソンホール経済シンポジウムを期待しています。

今週後半、中国技術大手JD.comとMeituanは収益を報告し、シンガポールはインフレデータを発表する予定です。

READ  大臣、日本へのインドネシア製品の輸出関税の引き下げ要求

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close