トップニュース

日本、領海付近での中国潜水艦の疑い

岸信夫日本の防衛相が2020年9月16日、東京で記者会見をしている。 REUTERS /金ギョンフン

東京、9月12日(ロイター) – 日本の防衛省は日曜日太平洋で海上緊張が続く中、中国産と推定される潜水艦が南道近くの海域で発見されたと述べた。

日本海軍は、金曜日の朝、鹿児島県の一部である奄美大島近くの領海のすぐ外側から北西に航行中の潜水艇を確認したと発表した。 近くでは、中国の駆逐艦も発見された。

東京はここ数年の間に、中国船舶が領海との紛争の本の近くに侵入した事例について不満を吐露した。 中国は南シナ海の紛争地域を航海する米国の船舶について、ワシントンが航行の自由を標榜する多くの怒って反応しました。

東南アジア歴訪中のベトナムを訪問した王が(王毅)中国の外交官は、両国が南シナ海と関連紛争を複雑にし、拡大することができる一方的な行動を自制しなければならないと述べた。

日曜日の発表によると、日本の海上自衛隊は、船舶が身元を確認しなければなら領海外にある隣接水域で船舶を識別した明らかにした。 岸信夫防衛相は参謀たちに「緊急感を持って情報を収集し、警戒監視を維持せよ」と指示した。

中国の国防部は、コメントの要求に即座に応答しておらず、日曜日に中国大使館関係者との論評のためにすぐに連絡することができなかった。

この潜水艦は、陽子アテ島近くの海から西に続く潜水した国防部は伝えた。

東京でRocky Swiftの報告; William MallardとElaine Hardcastleの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の航空会社、ハンズフリー飛行機トイレのドアのリリース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close