日本、飛行自動車用初の垂直離着陸場建設に補助金支給

1 min read

交通部は、地方政府と民間会社が建設する国内初の垂直離着陸場(離陸および着陸場)の建設費用を補助し、飛行車の実質的な実装を支援しようとしています。

この省庁は建設費用の最大50%を負担し、サイト当たり5,000万円(313,500ドル)の上限を置いています。 この施設の完了と運用テストが終わったら、この省庁は2026年4月の会計年度から将来の垂直港湾建設のガイドラインを策定する予定です。

このイニシアチブは公開申請手続きを通じて4つのサイトを選定し、7月12日までに提出を受け付けます。 適格機関には、垂直航路を設立、管理、運営する責任がある地方自治体と民間企業が含まれます。

これらの施設は、離陸および着陸ゾーン、滑走路、駐車ゾーン、格納庫、充電ステーション、および乗客待機ラウンジで構成されています。 このような施設の建設は2024年度末までに完了する予定であり、翌年に試験飛行が予定されています。

建設後、各垂直港は施設の運用と利用に関するデータを収集し、建設課題と必要な改善点を特定します。 このデータは新しいガイドラインの開発に反映され、格納庫と乗客ラウンジサイズの最適な施設レイアウトと標準を説明します。

電気垂直離着陸(eVTOL)車両とも呼ばれる飛行車は、緊急医療輸送、孤立した島や山岳地帯への旅行、都市タクシーサービスなど、さまざまな分野でかなりの可能性を持っています。

地方政府はすでに飛行車の実質的な利用を容易にするためのロードマップを確立しており、将来の潜在的な路線と運営を構想しています。

翻訳: The Japan Times

READ  今週のブルーデビル:デュークの2022-23年プレジデンシャルフェロー
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours