技術

日本、飛行車の安全基準本格化

運輸省は、安全基準と飛行車の実用化に関連する主要な問題の本格的な議論を開始した。

文部科学省は、今年4月現在開発中の車両の試験飛行を企業が実行するために必要な手順のためのガイドラインを、早ければ今秋に作成する専門部署を新設した。

文部科学省は、2023年末までに必要な性能と安全性の基準とライセンスシステムを確立する予定です。

これらの飛行車はプロペラやその他のデバイスを使用して空中で上昇して移動します。

国防部は2023年に関連する技術やシステムを構築し、これらの車両が周辺に人がいない安全な地域での飛行を開始することを希望します。

これらの車両を段階的に導入し、物品を輸送して災害発生時の人命を救い、人口が不足している地域と離島の運送手段として2030年代から都市部での飛行自動車の運営を開始する予定です。

文部科学省は、最終的にはヘリコプターよりも安価で操縦しやすく、日常的な使用に適した車両を導入することを目的とします。

2018年12月には、日本のスタートアップSkyDrive Inc.は遠隔操縦される無人操縦車両の試験飛行を行いました。 東京に本社を置く同社は、昨年8月に有人試験飛行を正常に実行しました。

日本企業が開発した車両と海外から輸入した車両について、より多くのテストが実行されることが期待されます。

屋外で行われるテストの場合、会社は、航空機のテストの場合と同様に、民間航空法に基づいて輸送大臣の承認を受けてください。

同社はまた、飛行自動車のプロトタイプの青写真、ヘリコプターの飛行免許証や事故リスク軽減措置の計画を含むドキュメントを提出します。

業界内多くの人々が、日本の手続きの簡素化を要求するに応じて保健省は、最初のテストを実行する企業が容易に理解できるガイドラインを作成する予定です。

この部門の新しい部門は、そのような会社の連絡窓口の役割をしてワンストップ手続きを完了することができるようにします。

運輸省は、車両の安定性、重量および飛行範囲を含む、これらの車両の性能と衝突防止システムなどの安全基準について議論する予定です。 また、飛行自動車のパイロット専用の免許を作成かについて議論することです。

日本以外の米国、欧州、中国はすでに飛行自動車の開発を始めました。

世界の飛行自動車市場の価値は、2040年までに約150兆円に達すると予想されます。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Mass Effect Legendary Editionに続きファンはMass Effect Andromedaを再評価しています。 •Eurogamer.net

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close