日本、高尾県のコミュニティテクニカルセンター建設支援の約束

Estimated read time 1 min read

日本政府は、高尾県のバティ地区にコミュニティテクニカルセンターを建設するために145,692ドルを提供します。

補助金契約は、HE UENO Atsushiカンボジア駐在の日本大使と武尾地方の身体部の代表の間で金曜日に締結されました。

日本大使館のプレスリリースによると、カンボジアでICTの知識を持つ労働者の需要が高まっていますが、農村地域の多くの若者は、ICTインフラストラクチャとデジタル技術の欠如のためにICTとデジタル技術を学ぶ機会がほとんどありません。 したがって、これらの低ICT技術と問解力は就職の障害になります。

今回のプロジェクトはこのような状況を正すことを目指しており、ICTとデジタル技術を学ぶためのより多くの機会を提供するコミュニティテクセンターの最初の設立を通じて、約8,000人の住民と約1,000人の地域学生に恩恵を与えると期待されると述べた。 同じソース。

交付金の支援は、草の根人間安全保障プロジェクトのための交付金支援(「KUSANONE」交付金)というフレームワークに従って行われます。

日本の「KUSANONE」プロジェクトは、草の根レベルでカンボジアの再建と開発を支援するために1991年にカンボジアで始まりました。 貧困、不幸など生命と生計、尊厳を直接的に脅かす様々な要因で脆弱階層を保護し、地域社会の自立を図ることを目的とします。

1991年以来、日本政府はカンボジア全域で707のKUSANONEプロジェクトを実施するために、主に地方当局と非政府機関に6,600万ドル以上を提供してきました。 C.ニカ – AKP

READ  KamiyaはBayonetta 3について「Nintendoに永遠にお世話になっている」と述べています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours