経済

日本、10ヶ月ぶりに主要な経済評価引き下げ

政府は先週の金曜日コロナウイルス感染症の緊急事態に消費が鈍化10ヶ月ぶりに経済の重要な評価を下方修正した。

内閣は2月の月間報告書で「日本経済は、一部のコンポーネントで安を見せている」とし、コロナ19拡散により依然として深刻な状況に直面していると明らかにした。

先月のレポートは、経済が「依然として深刻な状況」にあるが、回復を見せていると明らかにした。

消費者支出の見解は、3ヶ月連続下方修正されており、オフィスは最近安を見せた。 1月には、民間消費の改善が「一時停止されたようだ」と話した。

11月中旬から日本での感染が再び発生し、政府は先月、東京首都圏、大阪、愛知、およびその他の深刻な被害を受けた県を覆う第二の非常事態を宣言しました。

人々が家に滞在レストランやバー早くドアを閉じるように要求しているウイルスの緊急事態は、事例が減っても、医療システムへの懸念が残っているので、3月7日までの1ヶ月間延長されました。

政府関係者は、記者団に「より多くの人々が長期間の緊急時に外出を控えるしたもので考えられ、これは消費、特に外食やその他のサービスへの支出にマイナスの影響を及ぼしたと思います。

一方、関係者は、自動車や家電製品への支出が相対的に堅調であると述べた。 彼は「ウイルスの拡散が勢いを失っているように見えるので、経済状況は期待するときそんなに悪くない」と付け加えた。

政府は、ウイルスによって引き起こされる最初の緊急事態が宣言された4月の最後の国内経済に対する評価を下方修正しました。 5月までに全国的に発酵されたこの宣言は、日本を記録上最も深い落ち込みに追い込んだ。

最近月次レポートは2カ月連続の資本支出の評価をアップグレードして、最近回復を見せている。 1月には、企業の投資が「平準化され始めた」と述べた。

企業利益と収益の評価も改善されました。 報告書は、企業の収益が全体的に増加しているのに対し、非製造は感染症の影響で弱点を見せていると報告書は述べている。

オフィスは、輸出が「増加している」と、工業生産が「増えている」と他の主要な部品の見解を変えなかった。

展望に関しては、政府は、「緊急状態が解除された後でも、「ウイルスの拡散を抑制するための措置を維持しながら、経済が「社会経済活動が再開される時に、「回復を開始すると予想されると述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Technics新世代アンプ「SU-R1000」の測定記録からのアナログが高音質化 - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close