日本、10年半ばに宇宙で太陽光発電を試みる

1 min read

東京 – 宇宙から収集した太陽エネルギーを地球に伝達する技術を開発するための新しいグローバル競争が加熱されており、日本の民館パートナーシップは2025年度に試験運営を目指しています。

宇宙ベースの太陽光発電は、1968年にアメリカの物理学者によって提案されました。 概念は、太陽電池パネルを宇宙に発射し、高度36,000kmで電気を生成することです。

READ  教皇、日本首相、核のない世界に対する希望の議論
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours