日本、17年ぶりに金利引き上げ

Estimated read time 1 min read
  • 寄稿者:ピーターホスキンス、キュウリマリコ
  • ビジネス記者

イメージソース、 ゲッティイメージ

画像キャプション、

日本は何十年もインフレを期待してきました。

日本中央銀行が17年ぶりに初めて借入費用を引き上げた。

日本銀行(BOJ)は基準金利を-0.1%から0%~0.1%に引き上げた。 消費者物価が上がった後賃金が急騰したためだ。

2016年、銀行は低迷した経済を活性化するために金利をゼロ以下に引き下げました。

今回の金利引き上げは、マイナス金利を適用する国がこれ以上残っていないことを意味する。

マイナス金利が適用されると、人々は銀行にお金を預金するために支払う必要があります。 人々がお金を銀行に預けるのではなく、お金を使うよう奨励する方法として、いくつかの国で使用されています。

BOJはまた、金利を管理するために日本の国債を購入する収益率曲線管理(YCC)として知られる政策を放棄しました。

YCC政策は2016年から施行されたが、長期金利の上昇を防ぎ、市場を歪曲するという批判を受けてきた。

昨年4月、上田一雄総裁が就任した後、BOJがついに金利を引き上げるという期待はさらに大きくなった。

最近の公式数値によると、物価上昇率が鈍化しているにもかかわらず、日本の中核消費者インフレは1月の銀行の目標である2%にとどまった。

コンサルティング会社EY-パルテノンの小林信子は、BBCに最終金利引き上げ決定は、国内の主要企業が労働者の賃金を引き上げ、生活費の上昇に対処できるようにしたということにかかっていると述べた。

今月初め、日本最大の企業は給与を5.28%引き上げることに合意しました。 これは過去30年で最大の賃金引き上げです。

消費者物価が非常にゆっくりと上昇したりさらに下落したりすると、1990年代後半からこの国の賃金は停滞しました。

しかし、インフレの回復は経済にとって良い知らせかもしれないし、悪い知らせかもしれないと小林氏は言った。

「日本が生産性と内需を刺激できるといい。インフレが戦争やサプライチェーンの崩壊などで外部要因によって維持され続けると悪い」

BOJは「しばらく緩和的な金融条件が維持されるだろう」と予想し、追加金利引き上げはないだろうことを示唆した。

リサーチ会社のキャピタルエコノミクス(Capital Economics)のマルセル・ティエリアント(Marcel Thieliant)は、「今はインフレが沸騰し、組合が来年の会談でより少ない賃金の引き上げを推進しそうだ」と書いた。

「今年の賃金上昇率は最高潮に達しましたが、今後もインフレがBOJ目標以下に落ちると予想しているため、銀行はもはや政策金利を引き上げる必要はありません」

去る2月、日本の主要株価指数である日経225は、34年前に立てた終戦最高記録を超え、史上最高値を更新しました。

修正されたデータによると、2023年の最後の3ヶ月間、国内総生産(GDP)は前年同期比0.4%増加しました。

ファンデミック期間中、世界中の中央銀行は、国境の閉鎖と収容の悪影響に対応するために金利を引き下げました。

当時、ヨーロッパ中央銀行はもちろん、スイス、デンマークなど一部の国ではマイナス金利を導入しました。

以後、米国連邦準備制度(Fed)や英乱銀行(Bank of England)など世界中の中央銀行は、高騰物価を抑えるために積極的に金利を引き上げてきた。

READ  日本の経済見通しが低く修正される:ワクチン発売速度低下
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours