世界

日本、2年ぶりに福島水を海に放出し始め

日本政府は、2年以内に破壊された福島原子力発電所から太平洋に処理された放射性物を放出し始めると火曜日発表した。 漁師、住民、日本の隣人が激しく反対する動きです。

長い間推測されたが、安全の問題とデモのために、長年にわたって遅延の決定は、海洋放出を最良の選択で承認された閣僚会議で出ました。

蓄積された水は、大規模な地震と津波で原子炉が損傷されて冷却水が汚染されて漏れ始めた2011年から福島第1工場のタンクに貯蔵された。 工場のストレージ容量は、来年末にいっぱいになります。

菅義偉首相は海上の放出が最も現実的な選択であり、数十年にわたる福島工場の解体を完了するために水を処理しなければならないと言いました。 彼は、政府が、水が安全であることを確認し、地域農業、漁業、観光を支援するために努力すると言いました。

発電所のオペレータである東京電力と政府関係者は、少量でも無害な三重水素を水から除去することができませんが、他のすべての放射性核種は、放射可能なレベルに低減することができていると言いました。 一部の科学者たちは、低用量の水に少量の露出が海洋生物に及ぼす長期的な影響は知られていなかったと言います。

政府は、放射性核種、0以外の使い捨てレベルでのみ減少することができているにもかかわらず、水を「放射性」ではなく「処理」と呼び、水の安全性を強調します。 水に残る放射性物質の量は知られていません。

海に水を放出することはほとんど7年の間に、水を処理する方法について議論した政府のパネルによって最も現実的な解決策として描かれました。 昨年のレポートは、以下の望ましいオプションで蒸発に言及しました。

長官が火曜日採択基本計画に基づいて、東京電力は、施設を建設し、安全要件に応じた放出計画を作成し、約2年後に水を放出し始めることです。 水処理は、もはや延期されることがなく、住民が安全に購入できるように工場周辺の環境を改善しなければならないと述べた。

住民、漁業管理と環境団体は、この決定が、環境安全と健康を無視して、福島のイメージと経済をさらに損なうという非難する声明を発表しました。

日本の水産協同組合会長の岸宏氏は、シュガーに会った一週間もたたないうちに、すべての日本漁業オペレータを踏みつけたと述べた。

現地漁業は漁獲物が試験の目的でのみ使用され、10年ぶりに完全に稼動されており、需要の減少に苦しんでいます。

国務総理室の外に集まったデモ隊は、計画廃棄を要求した。

東京電力は2022年秋頃137万トンの貯水容量がいっぱいになると明らかにした。 また、現在の貯蔵タンクが満たされたこの地域は、原子炉内で分解された燃料残骸物を除去するために必要な新築やその他の解体作業に使用する必要があります。 今後数年間。

津波災害後の10年の間に、核物質を冷却させるための水は、破損した1次分離容器から原子炉建屋の地下に絶えず抜けていきました。 損失を補うために、溶融された燃料を続け、冷却するために、より多くの水が原子炉に励起された。 水ポンプと処理され、いくつかのは、冷却水として再利用され、残りは、現在125万トンの放射性の水を保持している1,020個のタンクに貯蔵されます。

梶山浩経済産業省大臣は、工場内の広い空間を占めるが、タンクは解体の安全、安定した進行を妨げると述べた。 別の強力な地震や津波が発生した場合、タンクが破損し、漏れになることができると報告書は述べている。

タンクの水の約70%が排出限度を超えて汚染されたが、再濾過されて排出される前に、海水で希釈されると報告書は述べています。 予備推定によると、漸進的な水の放出は、ほぼ40年がかかりますが、発電所が完全に解体される前に完了されます。

日本の原子力規制当局の土曜市後インジケーター委員長は、適切に処理された水の制御された放出が人間や環境に害を及ぼさないと繰り返し海洋排出を促しました。

IAEAのラファエルマリアーノグロッシー事務総長は、ビデオメッセージで「福島工場の大量の水がユニークで複雑な事例を作るが、海洋排出量は、国際慣行と一致している」と言いました。

彼はIAEAが水放出の安全性、透明性、および国内外の信頼を確保するために、日本の環境モニタリングを完全にサポートすると言いました。

中国と韓国は、火曜日の決定に強く反応した。

グユンチョル韓国政府の政策調整室長官は、この計画が「絶対に受け入れることができない」と言いながら日本に水がどう処理されて安全が確認された公開することを促した。 韓国は2013年から日本の一部の地域での水産物の輸入を禁止しており、これらの手順をより増やすことができます。

中国は日本の決定が周辺国の健康上の問題を考慮しなかったとし、「非常に無責任だ」と批判した。

___

このレポートには、韓国ソウルのAP通信の記者ギムトン型が寄稿した。

READ  「最終的に、英国で接種開始」も新型コロナウイルスにも期待してはいけない欧米での接種の動向の把握が重要| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close