理科

日本、2次接種6ヶ月でコロナ19追加接種を許可

政府は、個人が2回目の接種を受けてから6ヶ月後にCOVID-19ワクチンの追加接種を許可する計画だと、この問題に精通した消息筋が月曜日に語った。

保健部は2次~3次接種間隔を8ヶ月と定めたが、地方自治体が必要だと認めれば2ヶ月ずつ短縮できる。

追加の接種は、時間が経つにつれて見られるワクチン防御力の低下を予防するのに有効であることが証明され、岸田文夫首相は、医療スタッフをはじめとして年内投与を開始すると公言した。

満18歳以上は対象となり、厚生労働省は満12~17歳児の保障拡大を審議する予定だ。 既存の疾患がある人や高リスクの職業に従事している人は特にお勧めです。 ブースターショットを得るために。

一次および二次接種で受けたタイプに関係なく、ファイザーまたはモデナーが開発したメッセンジャーRNAワクチンのみが投与されます。 ファイザーワクチンは現在、保健省が3次接種を承認した唯一のワクチンです。

政府によると、国の人口の75%以上が完全に予防接種を受けています。 78%以上が少なくとも一度は注射されました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  インドの天体物理学者が発見した3つの超大質量ブラックホールの珍しい合併

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close