日本、20年ぶりに初の神権を発行経済・経済

1 min read

再設計された法案は、日本の資本主義、女性の平等、科学的革新に敬意を表します。

日本は20年ぶりに新しい紙幣を発行しましたが、今回改良された紙幣には偽造犯を防ぐための3Dホログラムが適用されました。

日本の岸田文夫首相は、水曜日に新たにデザインされた10,000円、5,000円、1,000円紙幣は、日本の資本主義、女性平等、科学的革新に敬意を表していると述べた。

岸田は日本銀行で記者たちに「国民が新しい法案が好きで、日本経済に活力を吹き込むのに役立つことを願っています」と話しました。

日本当局はこの紙幣に歴史的人物のホログラムが含まれており、見る角度によって人物の姿が変わるが、これは世界初と明らかにした。

10,000円紙幣には、明治時代に日本の経済近代化を導いた功労を認められた産業家であり、政府管理人渋沢栄一の肖像が刻まれています。

5,000円紙幣には東京の津田大学の前身である女性教育の先駆者である津田梅子が描かれています。

1,000円紙幣には破傷風やジフテリアを予防する方法の開発に寄与した細菌学者、柴副郎北里が描かれています。

現金依存度が高いと知られている日本は、2019年に改編された紙幣を公開し、消費者と企業に5年間の準備期間を提供しました。

すでに流通している紙幣は引き続き有効な通貨で許可されます。

日本銀行総裁の上田和夫は、日本が先進国に比べてデジタル決済に転換しているにもかかわらず、現金は依然として重要だと述べた。

上田は「現金は誰でも、どこでも、いつでも使える安全な支払い手段であり、今後も重要な役割を果たすだろう」と話しました。

政府は来年3月までに約75億冊の新規紙幣を印刷すると予想すると明らかにした。

READ  長官は、Next-Japan Kovid-19のためのより多くの経済刺激策を評価することができると長官は言いました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours