トップニュース

日本、2022年1月に2次対面首脳会談開催可能性最新ニュースインド

Quadrilateral Security Dialogue(Quad)の2番目の対面サミットは、インド、オーストラリア、日本、アメリカの指導部が自由に開放されたインド太平洋。

インドと日本も予定された4次首脳会談をきっかけに、2次国防・外務長官会談を開催する可能性を模索していると、この問題に精通した消息筋が匿名を前提に語った。

米国は9月にワシントンで初めて対面首脳会談を主催し、今回の会議は日本の新任首相である岸田文夫(Kishida Fumio)が初めて開かれる会議になるでしょう。 日本の刑務所通信は最近、東京で次期クワッドサミットを開催するための準備が進行中だと報道した。

先に引用した消息筋は「首脳会談は早ければ1月に開くことができ、クワッドメンバーらは次期3次会談は日本が2022年、インドが2023年、オーストラリアが2024年に開催しなければならないことに合意した」と話した。

S Jaishankar 外務大臣と林吉正 日本外務大臣は、月曜日の電話で両側が「…岸田のインド訪問の早期実現」のために協力し、次期2+2大臣会談を開催するために協力することに合意した。 日本外務省の資料によると

2019年11月、インドニューデリーで第1次インド-日2+2対話が開かれ、両側は今年4月に第2次会談開催の可能性を模索した。 両国は、2020年9月に軍需支援のために、お互いの軍隊がお互いの基地に接近できるようにする物品とサービスの相互提供に関する協定に署名し、第2の2+2対話はインド・太平洋全域の安全保障協力に基づいて構築される予定です。

次期クアッドサミットは、2022年末までにインド太平洋全域に12億ドーズ以上のコビド19ワクチンを寄付することを主要成果物とするタイトな議題を持つ予定です。 米国と日本の財政支援を受けてインドのバイオロジカルEで開催され、オーストラリアはラストマイルワクチンの発売を支援し、ラストマイル配信の努力を調整するために先頭に立つでしょう。

インドの太平洋全体で中国の積極的な行動に対応し、5GやAIなどのコア技術のフレーム標準も議題に含まれると人々は述べています。

米国国家安全保障会議(NSC)のインド太平洋調整官であるKurt Campbellは、金曜日に米国平和研究所が主催したイベントで、認める」と話した。 ワシントンとニューデリーは一緒に問題を解決しようとする「欲求とダイナミクス」を持っています。

彼は来年、クワッドがコロナ19ワクチンを発売し、東南アジアにインフラを構築し、5Gを含む教育と技術に投資し、サイバー、宇宙、海洋領域の認識に協力すると述べた。

Campbellはまた、2020年6月、Galwan Valleyの衝突でLAC(Line of Actual Control)のデッドロックとインド軍の死により、中国とインドの間に「緊張した緊張の本当の意味」が発生したと述べた。 彼は、「デリーにあった戦略的重要性を誇張するのは難しいだろう」とし、「インドが米国や他の国々と手を取り合い、より強い絆を築くよう強制したり、奨励した新しい戦略的パラダイム」があると付け加えた.

同時に、クワッドへの米国の参加は、「米国がインドの太平洋に滞在するためにここにあり、私たちは長年にわたって私たちの多くの人々にとって非常に有用であったオペレーティングシステムを守り、支援する」という信号を送ります。 、キャンベルは言った。 彼はまた、習近平中国国家主席が最近、ジョーバイデン米国大統領との仮想首脳会談で、クアッドとAUKUSを含む米国がしている様々なことが中国を「胸焼け」を起こしていると指摘したという。点を認めた。

READ  デカEインクタブレットOnyx Boox Max Lumiレビュー:好き好きですが、この価格では、自分自身を納得させることはできません! | ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close