日本、2025年まで宇宙で太陽光発電を推進

1 min read

(太陽光宇宙技術)

日本 世界で初めてビームを発射する国家になることを目指しています。 太陽 宇宙から地球に再びエネルギーを供給し、規模に合わせて電気を生成します。

日本の宇宙局が主導する民間パートナーシップ JAXA 地域報告書によると、2025年までに最初の衛星送信機が設置されると述べています。

衛星は太陽エネルギーをマイクロ波に変換し、地上ベースの受信ステーションに送信し、電気エネルギーに変換します。

篠原直樹京都大学教授は「世界に先立ち、私たちの技術を実証できれば、他の国と宇宙開発のための交渉ツールになるだろう」と話した。 日経

1968年に最初に理論化されたこの概念は、太陽の一般的な周期に邪魔されずにはるかに長い間太陽エネルギーを収穫できるという点で、地上太陽光発電の設定に比べていくつかの利点があります。

マイクロ波は雲を通過できるため、悪天候でも動作できます。

日本はすでに1980年代の宇宙でマイクロ波を介して電力を伝送した最初の事例で、この分野でいくつかの最初を達成しています。

2015年、JAXA科学者たちは、1.8キロワットの電力が地球ベースの受信機に送信される別の突破口を見つけました。 おおよそ電気ポットに電力を供給できるほどです。

他の多くの国や地域でもヨーロッパの宇宙局と共にこの技術を研究しています。 昨年、宇宙ベースの太陽光発電の実行可能性をテストするための計画を発表

欧州宇宙局は、ソラリスプログラム(ESA)を通じて宇宙ベースの太陽光発電を探求する計画です。

欧州宇宙局は、ソラリスプログラム(ESA)を通じて宇宙ベースの太陽光発電を探求する計画です。

Solarisプログラムは、2025年に開発プログラムを策定するために、欧州をこの未開発のエネルギー資源のグローバルリーダーにすることを目指しています。

高効率太陽電池、無線電力伝送、ロボット軌道の組み立ての最近の進歩により、中国と米国も太陽を活用する方法に取り組んでいることを意味しますが、かなりの規模で実現される前にさらに研究を行う必要があります。 宇宙からのエネルギー。

フロアの受信レクテナに対するアーティストの印象(ESA)

地面の受信レクテナに対するアーティストの印象(ESA)

この技術を取り巻く懸念の中で、低電力のマイクロ波が人間、動物、植物に与える健康への影響があります。

「これは、Solarisが概念の妥当性をさらに探求するために調査する技術的な質問の一種です」とSanjay Vijendran、 ESASolarisの提案へのリードは昨年言いました。

「追加の利点として、この分野で達成されたすべての革新はそれ自体価値があり、他の多くの宇宙飛行努力に適用することができます」

READ  イギリス、日本など10カ国からなるアジア太平洋貿易グループに公式加入
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours