経済

日本、2030年までにAIとIoTエンジニア27万人不足

リヤド:日本には2030年までに人工知能とモノのインターネット(IoT)雇用が270,000個に達すると予想されるNikkei Asiaが報じました。

新聞によると、日本のIT専門人材の不足は、2018年より13倍より深刻なものと予想される。

企業は、最先端のITエンジニアを自ら教育することにより、その余白を埋めようとしている。

日本の多国籍エアコン製造会社であるDaikin Industriesは大阪大学と協力して、社内大学を設立し、2023年までに1,500人のAIとIoTの専門家を輩出する予定です。

ヤフージャパンの親会社であるZホールディングスは、2025年までにAIエンジニア人材を5000人ほど増やす計画だ。

しかし、人材の需要が非常に急速に増加して、既存のITスタッフにデジタル技術革新を教えることは大きな違いがないことが予想されます。

日本はすでにSTEM(科学、技術、工学、数学)の学位を持った卒業生がほとんどないなど、デジタル技術革新に不可欠なIT専門家の育成において、他の国に遅れているが、今、未来が暗く、人的資源のより多くの投資が必要であるとします。 。

日経は2018年に日本で自然科学、数学、統計学を専攻した卒業生が29,000人に達した。 同年、米国は10倍多かったと明らかにした。 ヒューマン・レ・イソシア。

総務省の調査によると、2020年に日本の情報通信産業のエンジニア数は122万人で世界4位だが、特定のIT技術が必要な国です。

2018年基準、日本全体IT従事者の90%は、ウェブサイトとアプリを開発する既存のIT従事者であり、人工知能(AI)とIoTスマート機器を専門とする先端IT従事者は10%を占めた。 経済産業省。

READ  最新のニュースの更新:CSX、サプライチェーンの危機を緩和するために、コンテナヤードへの投資

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close