経済

日本、2030年石炭火力発電所の中断を要求するG-7草案に反対

日本は、気候変動に関連するエネルギー問題に関するG7諸国間の予備的な議論で、もう一度奇妙な人であることを発見しました。

5月末に発表されるドイツ環境・エネルギー長官会議で作成された共同声明草案は、地球温暖化を減らすための措置で、国内石炭火力発電所を2030年まで廃止しようという内容を盛り込んでいる。

経済部の上級関係者は最近、石油・天然ガス価格の急上昇に言及し、「特に日本のエネルギー安全保障環境がさらに深刻になり、これに同意することは不可能に近いだろう」と話した。 ロシアの2月24日ウクライナ侵攻後。

政府の情報源によると、ドイツの管理者は、今月初めにベルリンで開催された準備会議で、2030年までに石炭火力発電所を徐々に閉鎖することを要求する準備会議で草案を提出しました。

石炭火力発電所は、2020年度に日本で生産された総電力の約31%を占めました。 日本‘S 石炭火力発電所への依存は、原子力が100%安全であるという広く知られた信念を崩した2011年の福島原発事故から始まります。 同時に、日本は再生可能エネルギー源を受け入れるのに遅れています。

石炭火力発電所は、2050年までにカーボンフットプリントをゼロに減らすという日本を含む多くの国の約束にもかかわらず、グリーン運動で侮辱と見なされる主要な二酸化炭素排出源です。

2021年に承認された日本の基本エネルギー計画によると、石炭火力発電所は2030年度にも日本で生産される全電力の19%を占める。

国際機関も地球温暖化に対処するため、緊急の問題で石炭火力発電所の段階的廃止を推進しています。

今月初め、気候変動に関する政府間協議体(IPCC)は、報告書では、産業革命以前から地球平均気温上昇幅を1.5度を維持するには、2025年以前に温室効果ガス排出量を減らす必要があると明らかにしました。

国際エネルギー機関(IEA)も昨年2050年、炭素のないエネルギー生産のための独自のシナリオを発表し、先進国に2030年までに二酸化炭素排出量を減らす技術のない石炭火力発電所を漸進的に閉鎖することを促した。

昨年、G7環境・エネルギー長官会議で発表した共同声明のフレーズは主に日本の反対に支えられ、2030年まで国内のすべての石炭火力発電所を撤廃しようという要求を下げた。

欧州諸国は、ウクライナの危機によって引き起こされたエネルギー不足にもかかわらず、2030年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖することを約束しました。

今年の共同声明の最終フレーズは秘密のままです。

(この記事は関根新一と長崎淳一郎が作成しました。)

READ  米国のデータ緩和; しかし、米国の回復は、OECD専攻の中で最高です。 中国はグリップを強化します。 日本とEUが改善されます。 より高いアルミニウム価格; UST 10年1.29%、石油会社と金は安; NZ $ 1 = 70 USc; TWI-5 = 73.2

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close