日本、2040年外国人労働者100万人不足に直面すること – ロイター

1 min read

東京(ロイター) – 日本政府が人口減少による経済成長目標を達成するためには、2040年に外国人労働者がほぼ100万人が足りないという推算が木曜日に国営シンクタンクから出てきました。

日本国際協力機構(JICA)の研究部門によると、現在の傾向であれば、2040年には日本で働く外国人労働者の数が591万人に達すると予想され、これは年平均成長率1.24%を維持するのに必要な外国人労働力よりもほぼ100万人が足りない数値です。

JICAがベトナム、ミャンマー、カンボジアなどの移民国の予想よりも遅い経済成長を考慮してデータを更新した後、2022年に外国人労働力の需要 – 供給格差が以前の推定値より2倍以上拡大しました。

外国人労働者は急速な高齢化と出産率の低下による深刻な労働力不足を埋めるのに役立つため、日本経済にとって非常に重要です。

日本の外国人労働者数は過去15年間で4倍以上増え、昨年10月現在205万人で、全体の労働者の約3%に達しました。

政府は、移民労働力の受け入れに関する世論を緩和しながら、一部のブルーカラー職種と技術職業に対する就労ビザの許可を拡大した。

しかし、専門家たちは円安、伝統的に低い賃金、人権問題などの難関にぶつかり、日本は人材確保のためのグローバル競争で競争力を維持するために努力をしなければならないと話しました。

READ  日本大使館、教室ブロック建設のため2機関とMOU締結
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours