技術

日本、25億ドル規模のAIスタートアップ、COVID増加した後、ベトナムターゲット

TOKYO-企業が紙の文書を人工知能を使用して電子データに変換するのに役立つ、日本のスタートアップAI InsideがCOVID-19大流行に自国市場でのビジネスを促進した後、ベトナムに進出しています。

AI Insideは、最近の国営Vietnam Posts and Telecommunications Groupと日本のNippon Telegraph and Telephoneとの合弁会社であるOCG Technologyを使用してベトナムを含むテキスト認識ソフトウェアを販売することで合意しました。 手書きフォームをスプレッドシートに入力するのと同じ手動タスクを自動化しようとするベトナム企業を対象としています。

創業者兼CEOのタクト口(Taku Toguchi)はインタビューで「今年グローバル展開のために多くの努力を払うこと」と述べた。 ベトナムのほか、タイ、台湾進出を計画している。

5歳のスタートアップのアジア拡張は伝染病の需要の増加に応じてホット一部の日本のソフトウェアスタートアップが海外進出のために競争する方法を強調します。

日本はアウトソーシングに毎年約380億ドルを費やしており、このうち約55億ドルは、データ入力と関連があるとToguchiは言った。 彼は大規模な産業自動化のために熟したと信じていました。 「人口減少にもかかわらず、人件費が増加していました。言葉がありません。」

昨年AI Insideの注文が急増し、特に日本政府が4月に最初の緊急事態を宣言した後、企業や地方政府が手記申請書と同じ紙の文書を処理するために奔走することになりAI Insideの注文が急増しました。 手書き文字をテキストに変換することができる会社の光学式文字認識(OCR)ソフトウェア契約件数は、7月と9月の間に2倍以上増加した12,700件です。 新規顧客には、夏の間、10万円の刺激策配布資料を迅速に処理する必要があるの都市が含まれています。

同社は2021年3月終わる会計年度に11億円(10.6百万ドル)の収益を上げることが期待し、これは前年のほぼ三倍に達する数値です。 2019年12月公募以降株価が5倍以上に上昇して1月13日現在の時価総額の25億ドルを記録した。

AI Insideは、日本のAIベースOCRソフトウェア市場で64%の市場シェアを占めているが、日本の速いソフトウェアを採用は、競争を加速しています。 OCRソフトウェアも販売している株式非公開のAIスタートアップであるCinnamonは、すでにベトナムと台湾に技術を置いており、昨年に採用を増やすために追加資本を調達しました。

Toguchiは彼の野心がテキスト認識をはるかに超えると語った。 AI Insideは、企業がオンライン申込書に記入し、廃棄物の管理工場で有害製品を検出するなど、企業が独自のAIシステムを構築することができるソフトウェアを開発することができる機能を追加しています。

また、自律走行のようにデータが可能な限りソースに近い処理されるAIエッジ・コンピューティングのためのより多くの需要を予測して、日本の外にデータセンター構築を検討しています。 Toguchiは「私たちは、単純なOCR会社になりたくありません。」と言いました。 「私たちの目標は、インフラストラクチャを販売することです。」

READ  Redfall Playtest画像漏れやゲームのヒントを提供

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close