日本、25分野の技術特許保護

Estimated read time 1 min read
読売新聞ファイル写真
東京都千代田区首相官邸

政府が経済安全保障対策の一環として、25分野の技術特許公開を遮断する計画だという。

分野には、航空機ステルス機器と音速より5倍速い超音速飛行に関連する技術が含まれる。

特許保護措置は昨年5月に通過した経済保障促進法に基づく提案草案に含まれた。

現在の特許は原則として出願後18ヶ月が過ぎると公開される。 経済保障促進法によれば、保護対象技術の場合、特許公開を遮断することができる。

草案によると、国家と国民の安全を害する恐れが大きい発明品は保護対象に指定される。 ドローン・自律走行車用ステルス技術と武器関連技術など15の分野が集中照明される。

超音速飛行に使用できるスクラムジェットや固体燃料ロケットエンジン技術を含む他の10の分野は、その技術が国防目的であるか、政府が委託した場合にのみ保護されます。

政府は他の脅威の中でもサイバー攻撃を緩和するための努力の一環として、重要施設の設置に先立ち、14分野のインフラ運営者を選別する基準を設けました。

この措置は、単位当たり少なくとも500,000キロワットの容量の発電施設事業者を対象としています。 最低1,000kmの線路がある鉄道。 預金が10兆円以上であるか、現金自動入出金期が10,000台以上の銀行最低2,000万件の政策を管理する保険会社。

政府は早ければ6月中旬に開かれる専門家パネルに草案を提示する計画だ。 消息筋は「国民の意見を収束した後、来年春ごろフレームワークを発足させることを目指している」と話した。

READ  CRKD Nitro Deck レビュー: 大きく機能が満載のスイッチアクセサリー
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours