日本、3月のマイナス金利への勢いの増加

Estimated read time 1 min read
日本銀行本店

ファイル写真:2023年9月20日日本東京の日本銀行本店の上に日本の国旗が掲揚されます。 REUTERS/Issei Kato/ファイル写真

東京 — 日本銀行が早ければ今月マイナス金利終了を考慮する勢いが形成されており、今後の年間賃金交渉では2年連続高い賃金引き上げが出る可能性が高いです。

最近の経済の弱い兆候にもかかわらず、BOJ政策立案者は先週、日本経済の見通しについて楽観的な見解を提示した上田和雄総裁を含め、扶養策を縮小する計画を推進する意思を明らかにした。

読む:日本の首都のインフレは2月に再び加速されます

元商業銀行幹部出身のBOJ理事田村直樹はマイナス金利早期終了を最も積極的に擁護しており、昨年8月銀行が2024年3月までにそのような措置を取ることができることを示唆した。

高田ハジメ(Hajime Takata)取締役も日本がついに銀行のインフレ目標である2%を継続的に達成できる見通しを見ていると述べ、先週BOJの景気浮揚プログラムの改編を促しました。

BOJ理事会9人のうち少なくとも1人は、今月の政策会議でマイナス金利を撤廃することが合理的だと言う可能性が高いと支持通信社が消息筋を引用せずに水曜日報道しました。

マイナス金利の終結は、長期的なデフレと経済低迷を終結させるために10年以上にわたって進行した急進的な通貨実験を取り戻すBOJの画期的な決定になります。

インフレが1年以上目標を超え、継続的な賃金上昇の見通しが大きくなり、BOJは短期的にマイナス金利が終わるという暗示を下しました。

読む:BOJが4月にマイナス金利を廃止すると経済学者の80%以上が言います。

2月15~20日に実施されたロイター世論調査によると、エコノミストの80%以上がBOJが4月にマイナス金利を終了すると予想しており、一部は3月18~19日の会議で措置を取ることが予想されます。

9人の取締役会で過半数がマイナス金利終了に賛成した場合、日本は2007年以来初の金利引き上げの道を開くことになります。

しかし、3月のマイナス金利を終えるという提案が十分な票を得ることができるかどうかは不確実です。 BOJは最近、経済の弱い兆候を反映して、今月の消費と生産の評価を下方修正することが期待されています。

足立誠司理事会委員は、2024年4月以降、マイナス金利を終了するのに役立つ条件があるかどうかを判断するのに次の会計年度が始まる可能性があると述べました。

中村豊明理事と野口旭理事も、資金援助の早期撤回について警告を表明しました。

別の取締役である中川純子(Junko Nakagawa)が木曜日に演説と記者会見を行う予定だ。

退出時期を隠す要因には、全国動向を見積もる基準となる大企業と労組の3月13日、賃金交渉の結果がある。

強力な結果は、BOJがマイナス金利を終了するために設定した重要な前提条件を満たす可能性が高いです。 これは、インフレの上昇が耐久性のある賃金の引き上げを引き起こすということです。

経済学者は賃金交渉で平均約3.9%の賃金引き上げが予想され、これは30年ぶりの最高値である2023年に合意された3.58%を超える数値です。

BOJがマイナス金利を終了すると、中央銀行に預けられた金融機関の支給準備金に対して0.1%の利子を支給する可能性が高いとBOJの考えに精通した消息筋が語った。

0.1%の利子は、短期借入費用の基準である翌日のコール金利を0〜+0.1%の範囲に導くのに役立つと彼らは述べた。

BOJは、2013年のインフレ目標値を2%に引き上げるために大規模な資産購入プログラムを実施し、2016年にマイナス金利と利回り曲線管理(YCC)を導入しました。

消息筋によると、BOJは昨年、YCCを縮小して長期金利に対する厳しい統制を緩和し、マイナス金利を終了する際にYCCで設定した10年満期債権利回りに対して設定された0%目標を削除する可能性が高いと消息筋は述べた。


READ  ラグビーワールドカップ:ゲームのビジネス
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours