理科

日本、30歳未満の男性にモド私よりファイザーのコロナ19予防接種をお勧め

ファイザーのコロナ19ワクチン接種後の若い男性から珍しい心臓病が発生したという報告が増え、保健省が30歳未満の男性にモド私が開発したワクチンよりもファイザーのコロナ19ワクチン接種を勧告する案を検討している。

今回の措置は、スウェーデンが、先週、1991年以降生まれに対するモドや注射の使用を中断した後、出てきたもので、注射を若者の間で心筋炎と呼ばれる疾患である、心臓の筋肉の炎症のリスクがより高い北欧の研究を引用しました。 フィンランドはまた、1991年以降に生まれた男性のためのModernaジャブを一時停止しました。

心筋炎、心臓周囲の組織の炎症である心膜炎に対する懸念が高まっています。 9月12日までにモドや注射を10歳から19歳の間の少年100万人当たりの21.60件疑い事例が報告された。 保健省のデータ 10月1日に発表されたのに対し、20〜29歳の男性は、17.06人でファイザーワクチンを接種した男性の場合、それぞれ1.87人と13.08名と比較した。

対照的に、モドやワクチンを接種した同年代の女性は100万人当たり0.8人未満の事例を見ました。

中断はまた、米国の副作用の分析でModernaを使用するときに心筋炎の発生率が似増加を示していたからです。

しかし、専門家は、これらのデータは、ワクチンを躊躇させることができると懸念しています。 米国疾病管理予防センターのデータ コロナウイルスに感染した人が、そのような心臓病にかかる危険性がはるかに高いことを示して、日本でも同様の結果が出ました。

分析 日本の国立保健医学センター(National Center for Global Health and Medicine)によると、日本で入院したコロナ19患者のうち15〜40歳の男性100万人当たりの心筋炎と関連症状が834件見つかったのに対し、同じ年齢の女性は、事例がなかった。

その他の佐藤生命研究所のプロジェクト教授中山哲夫(Tetsuo Nakayama)は、「モドやワクチンを接種した人は、自然感染(ウイルス)を経験した人よりも、心筋炎の危険性が非常に低いため、使用を中止する理由はありません」と言いました。 日本の臨床ウイルス学会の科学とディレクター。 「青少年接種をファイザーワクチンに置き換えるかどうかについて、専門家の意見がすれ違うことができる」と述べた。

文部科学省は、金曜日、この問題を議論するための専門家パネルを開催する予定である。 また、モドや注射を初めて迎えた30歳未満の男性にファイザーワクチンを2回接種するかどうかも議題だ。

ファイザーとモド私ワクチンはすべて日本で12歳以上の人々に付与された。 二メッセンジャーRNAワクチンは、初期に臨床試験で90%以上の非常に高い有効性を示したが、後に研究によると、Modernaのワクチンは、保護の面で長期的にファイザーのワクチンよりも気づいた。 接種後数ヶ月。

パネルが30歳未満の若い男性にファイザーの注射をお勧めすることを決定した場合、いくつかの追加の障害がありますが、彼らは自分自身を危険にさらすしモドや注射を打つことがまだ可能であるとNakayamaは言いました。

心筋炎のほとんどの症状は軽度のことが知られているが、保健省は報告された事例のうち、どの程度深刻事例のデータを公開しておらず、そのような詳細は明らかにされなければならないと付け加えました。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Covidの対は、科学者たちは、病気の遺伝的ルーツをほぐすように支援します

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close