技術

日本、3,001kmにわたって319Tb / sを送信して、インターネットの速度記録樹立| 世界のニュース

  • 日本の研究機関は、最新のインターネットの速度テストの結果は、新しい「帯域幅空腹サービス」をサポートするための新しい通信システムの実現に役立つだろうと述べた。

日本の研究者が毎秒319テラビットのインターネットの速度を実演し、世界記録を樹立した。 日本の情報通信技術研究所(NICT)の研究チームは、標準的な外径0.125mmの4コア光ファイバと先端光ファイバ技術を使用してスピードテストを実行して、以前の記録である178Tb / sを覚めました。 1年前の日本と英国のエンジニアが設定しました。

記録速度を達成するために研究者は、二種類の希土類をドープした光ファイバ増幅器を組み合わせて再循環転送ループテストの設定を構成している。 エルビウムとツリウムがドープされた繊維のアンプと分散ラマン増幅の組み合わせで3,001km以上の長距離伝送が可能でした。

「標準のクラッディングの直径の4コアMCFは、既存のケーブルインフラストラクチャと互換性があり、シングルモード光ファイバに匹敵する機械的信頼性を持つと予想されるため、高いスループット、長距離リンクでSDM光ファイバーの早期採択に魅力的です。 ” 日本の研究所は、今月初めに発表された論文で明らかにした。

NICTは、新しい繊維が新しいデータサービスの明白な「爆発的な増加」の需要を満たすことができる方法を実証することが重要であると強調しました。 研究所はまた、最新のインターネットの速度テストの結果は、新しい「帯域幅空腹サービス」をサポートするための新しい通信システムの実現に役立つと述べながら、「低帯域幅の伝送容量を追加で増やすことができる方法を模索し続けて行うこと」と付け加えました。 – コア数のマルチコアファイバと他の新しいSDMファイバー」

NICTは「さらに伝送範囲を海洋横断距離に拡張するために努力する」と述べた。

今回の研究論文は、6月6日から11日まで、仮想的に開かれた光ファイバ通信国際会議で発表された。

閉じる

READ  日本でもAppleのApp Storeが独占禁止法の調査を受ける開発者は、別の問題も指摘 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close