トップニュース

日本、319Tbpsデータ転送により、インターネット速度記録を更新

10年前のことギガビットインターネットの速度記録は完全に不適切て見えます。 マザーボード レポート 日本の情報通信技術研究所(NICT)の科学者らが 粉砕 319Tbpsでデータをシャッフルして、インターネット送信の記録。 文脈上これ2020年8月に英国と日本の研究者で構成され、チームが管理し179Tbpsよりほぼ倍高速です。

NICTは、パイプラインのほぼすべての段階をアップグレードして偉業を管理しました。 光ファイバー線は1個ではなく4つのコアを持っていた研究者は、希土類アンプの助けを借りて、複数の波長で552チャンネルハッチ型レーザーを発射しました。 テストは、実験室でのみ厳しく制限されていチームは、コイル型の光ファイバを使用して、信号の品質や速度を失うことなく、シミュレートされ1,864マイルの距離でデータを転送しました。

これらの多くの実験と同様に、この性能が意味のある影響を与えるまでには長い時間がかかることがあります。 4コアファイバは、既存のネットワークで動作しますが、システムは、簡単に非常に高価なことができます。 コストよりも容量がもっと重要なインターネットのバックボーンと他の主要なネットワークプロジェクトで最初の使用を表示する可能性が高くなります。

それでもインターネットの使用に影響を与えることができます。 NICTの研究者は、次世代の光ファイバの製造技術が「5Gを越えて」(例えば、6G)より実用的だと思います。 ユーザーが急増したときに窒息していない、より高速なインターネットアクセスに移動するだけでも、利点を確認することができます。

Engadgetで推薦するすべての製品は、親会社とは無関係な編集チームから選択します。 いくつかのストーリーには、アフィリエイトのリンクが含まれています。 このリンクのいずれかを使用して何かを購入すると、アフィリエイト手数料を受け取ることができます。

READ  Jackie Young、Team USA 3-on-3女性のフープ、準決勝戦、日本に20から18に脱落

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close