スポーツ

日本、4強進出のためのアメリカ製紙

日本は水曜日、北京冬季オリンピック女子カーリング4強進出のために大きな一歩を踏み出した。 勝点4点車に先んじて2次戦ラウンドロビン競技で米国を10-7に破った。

北京国立水泳場で開かれた10チームラウンドロビンでスキップ藤沢さつきとチームロコソラレが5-3で勝利し、4位が準決勝に進出した。

藤沢は「これは私たちにとって大きな勝利だった」と述べた。 「ラウンドロビンが終わるにつれて、精神力はより重要になります。 今夜、私たちは私たちが必要とする小さなシーンを作りました。」

トーナメント1位のスイスとの残りの予選試合で勝利すれば、日本は金曜日に始まる16強トーナメント進出が保証されます。 スイスはすでに予選を通過しています。

2018年銅メダリストである日本は2連覇から抜け出していたが、生存のために勝利が必要なアメリカチームを相手に早く軌道に復帰したようです。

2番目の鈴木ゆみ(Yumi Suzuki)は、「今回の試合で、私たちはこれまで以上に活​​発で明確に叫び、より良いコミュニケーションをとることができました」と語った。

日本は藤沢が最後の投げで3人のアメリカカウンターを打ってからハンマーで始まり、オープニングエンドで1点を記録しました。

北海道キタミのチームは、4-0リードにつながったアメリカンスキップTabitha Petersonが家に賑わう道を迷っていた自分のガードに阻止された後、3点を盗んで4-0に先んじた。

米国は3回末のトゥエンダーで勝負を繰り広げたが、日本は自策店2店ですぐに逆襲して運転席に滞在した。

5エンドと6エンドで両チームがそれぞれ一つずつハンマーでトレードした後、米国は4点7点で再び大会に出て7-7同点を作った。

鈴木は8回末決定的なダブルテイクアウトで日本が2ゴールを破って勢いを取り戻した。 9回末1個を盗んだ日本は決勝戦まで10-7に先んじて米国の復帰希望を無産させた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本の戦いの記録波動村で最初のウイルス事例報告 - スポーツニュース、ファーストポスト

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close