日本、4月経常収支黒字最大記録

1 min read
読売新聞資料写真
東京の財務省本部ビル。

東京(Jiji Press) – 日本の4月経常収支黒字は2兆505億円で前年同期比8.2%増加し、1985年に比較可能な統計が出て以来、今月最大規模と財務省資料が月曜日に明らかにしました。

これは、暫定国際収支資料によると、海外からの配当金と利息受領を含む本所得口座の黒字が急増したことを反映したものです。 韓国は15ヶ月連続経常収支黒字を記録した。

4月、黒字は支持プレスが17の経済研究所を対象に実施した世論調査で、黒字中央値見通し1兆7376億円を超えた。

商品貿易では、日本の赤字は前年度1,492億円から6,615億円に拡大しました。 輸出は自動車と半導体製造装置の出荷増加により2.4%増加した8兆4,282億円を記録しました。 輸入は原油価格の上昇により8.5%増加した9兆897億円を記録しました。

本所得収支黒字は金利上昇に伴う外国債権利子収入の増加と日本の通貨価値の下落に伴う外貨配当の円高の増加で、前年同期比26.7%増加した3兆8,328億円と4月の最大値を記録した。 日本の通貨。

日本は5,578億円から7,215億円に拡大したサービス貿易赤字を見ました。 旅行収支は日本訪問者増加で良好な実績を見せた中、研究開発、経営コンサルティングなどビジネスサービスに対する支給額が増えた。

READ  ホルカム「自信感」日本経済開発旅行、成果創出ニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours