日本、5月の貿易赤字記録

1 min read
読売新聞資料写真
東京の財務省本部ビル。

東京(Jiji Press) – 日本は資源価格の上昇と円安のため原油輸入が急増し、5月に通関貿易赤字を1兆2,213億円と記録したと水曜日、政府報告書が明らかにしました。

機材部が発表した予備報告書によると、貿易収支は2ヶ月連続で赤字を記録した。

円対比ドルの平均為替レートが1月155.48円と前年同期比14.9%上昇し、輸出入ともに増加した。

輸入額は9.5%増の9兆4,979億円で、5月に2番目に高い水準を記録し、2ヶ月連続増加しました。 その結果はアラブ首長国連邦からの強力な収入が主導した。

日本の石油製品と原油の総輸入量はそれぞれ39.8%、8.1%増加した。

輸出は13.5%増加した8兆2,766億円で、5月の最大規模で6ヶ月連続増加傾向を記録しました。

自動車出荷量は円安と米国需要に支えられ、13.6%増加した。

半導体製造機器の輸出は45.9%急増し、中国への輸出が全体輸出の約50%を占めた。 半導体など電子部品の出荷量は24.0%増加した。

日本は米国との貿易で10.9%増加した4,736億円の貿易黒字を記録した。 日本の中国本土との貿易赤字は5,331億円と1.5%減少した。

READ  Japanese banks sound caution for earnings as Omicron highlights bad loan risks
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours