理科

日本、58万件ワクチン接種後47件のアナフィラキシー事例報告

日本の保健省は、ファイザーのCOVID-19ワクチン約58万​​注射をした後深刻で致命的なことができる、アレルギー反応である47件のアナフィラキシー見たと、保健省が金曜日た。

保健省は、専門家パネルが現在のワクチンの安全性について深刻な懸念がないと結論ながらすべての治療を受けた後、回復した。

先週の日曜日、現在の数値は、アナフィラキシー反応率が100万回投与当たり約81件、米国で100万回投与あたり5件、英国で100万回あたり20件よりもはるかに高い数値を示します。

しかし、日本はワクチン発売で、はるかに遅れており、より多くの人々が予防接種を迎えるほどの割合を変えることができます。

政府関係者は「接種の対象など、さまざまな違いにより、単に海外の頻度と比較することはできない」と語った。

日本は4月中旬に65歳以上に拡大される前に、全国的に約480万人の医療従事者を接種する過程にあります。 糖尿病のような既存の疾患がある人と療養施設で働く人々が次に来る予定です。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  NASAのニューホライズンズ冥王星宇宙船は太陽から50AUでまだ探索中です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close